記事

中国版イージス艦 052C型駆逐艦の建造情報が続々

画像を見る
(海上公試に向かう052C型3番艦)

今年8月、中国空母「施琅」(←いまだに正式な名称は不明ですが…)の試験航海がついに始まりました。その空母の護衛艦隊の中核となるのが052C型蘭州級ミサイル駆逐艦です。

満載排水量は7,112トン。主な兵装としては、HHQ-9(海紅旗-9)SAM用VLS(6連装)×8基、YJ-62 SSM4連装発射筒×2基、100mm単装砲×1基、30mm CIWS×2基、324mm3連装短魚雷発射管×2基、対潜ロケット発射機×4基で、Z-9A(もしくはZ-9C)対潜ヘリ×2機を搭載します。

艦橋の4面に取り付けられた国産のフェーズド・アレイ・レーダー(346型)が特徴で、「中国版イージス」と呼ばれたりもしています。346型は、イージス・システムと同様の探知距離(約200km)と同時目標追跡数(200〜300目標)を持つものとみられ、空母「施琅」にも採用されていることから、ある程度の信頼性が得られていると見てよいでしょう。

ただし、戦闘情報処理システム(対空、対水上、対潜問わず、あらゆる局面の脅威度を判定し、データリンクによって艦隊全体の最適攻撃・防衛方法を導き出す戦闘システム)においては、イージス・システムより劣ると評価されています。

画像を見る
(上海・江南造船廠にて建造中の052C型)

2番艦が2005年に就役し、その後約5年の間が空きましたが、ここにきて3番艦が海上公試を実施し、4番艦は艤装作業が確認され、5、6、7番艦の建造も明らかとなりました。1番艦「蘭州」、2番艦「海口」ともに南海艦隊所属ですが、後続艦がどこに配属されていくのかもひとつの注目点ではないかと思います。

中国は福池型補給艦もすでに2隻保有しており、1個空母戦闘群を形成するには十分な戦力を整えつつあります。空母艦載機は・・・えーっと、まだかかりそうそうですが、南シナ海やアフリカあたりでプレゼンスを誇示するだけの空母艦隊程度なら、2〜3年後には組織できそうですね。

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  6. 6

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  7. 7

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  8. 8

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  9. 9

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。