記事

野田首相のどじょう戦略

先週の18日、野田首相は韓国を訪問した。李大統領と日韓首脳会談を行うためである。いままでだと、首相就任後、まずアメリカを訪れた。そして中国を訪れた。

とくに野田さんの場合、まず中国に行かなければならない。国内ではあるが、沖縄にも行くべきである。アメリカには9月下旬に行っている。これが野田さんの外交デビューだったが、国連総会に参加するためで、今回の訪韓が初めての外国訪問と言っていいだろう。

なぜ、訪韓を急いだのか。韓国では従軍慰安婦の問題が再燃していた。韓国の憲法裁判所が、韓国政府が解決のための措置をとる義務があるにもかかわらず、履行してこなかったのは違憲であるという判断を下したからである。

だから、野田さんが訪韓したら、慰安婦問題が最大の懸案になるだろう、
いくつかの新聞はそう書いた。

ところが、まったくそうはならなかった。では、野田さんは何のために韓国に行ったのか。会談で何が話し合われ、どういう成果が出たのか。

僕は、野田さんの訪韓の最大の目的は、TPPだと思っている。11月12日にハワイでAPECが行われる。それまでに、TPP に参加するかどうかを日本は表明しなくてはいけない。

ここにきて、野田さんはTPP参加を表明した。ところが国内はおろか、民主党内でも意見が分かれ、取りまとめは相当難航するだろう。

そこで野田さんは、日本と韓国、そして中国の3か国で一種のTPPを作ろうとしたのではないか。日韓ではEPAの交渉をしているが、そこに中国も加えて3か国にする。

つまり日韓中で経済連携をやることで、TPPとのバランスをとろうとしている。その交渉が水面下でいま、練られているのである。僕はそう思っている。日本は、アメリカの同盟国であるということを前提としながら、中国とも経済連携をする。

「どじょう」と言いながら、まったく違う。野田さんが初めて、戦略的に動いたのではないか。この「どじょう戦略」に僕は期待したい。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “MMT=バラマキ”という思い込み

    自由人

    01月16日 20:50

  2. 2

    「格別においしいわけじゃない」フランス産ホワイトアスパラが1キロ5000円で売れる本当の理由

    PRESIDENT Online

    01月16日 14:20

  3. 3

    「僕を捨てて」小2で不登校した息子を追いつめた褒める子育て

    不登校新聞

    01月16日 11:41

  4. 4

    津波警報の発令に切り替えた気象庁 臨機応変な対応は見事

    早川忠孝

    01月16日 16:29

  5. 5

    正しく「先送りする力」で高支持率をキープ。岸田内閣の100日間を振り返る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月16日 09:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。