記事

大飯原発合格は、安全性と司法について問題

原子力規制委員会は、昨日22日の定例会合で、関西電力大飯原発3,4号機(福井県)が、新規制基準を満たしているとする「審査書案」を了承しました。

事実上の合格で、これまでに合格したのは6つの原発12基目になります。一般からの意見公募を経て、早ければ4月にも正式に合格する見通し、と報じられています。

関西電力は、今年夏にも再稼働する方針、とのこと。

しかし、大飯原発3,4号機については、2014年に、福井地裁で運転を差し止める判決が出ていて、現在も控訴審が続いています。

判決が確定するまでは、運転できますが、裁判が続いているのに再稼働に踏み切れば、それは司法を軽視することになると思います。

また、大飯原発3,4号機で想定される地震の揺れについては、審査を担当した島崎前規制委員長代理が、昨年夏「過小評価の可能性がある」と指摘し、今年4月に、控訴審が開かれる名古屋高裁金沢支部で証人尋問に立つ予定、ということもあります。

この指摘については、規制委員会は、すでに了承した地震想定を見直しませんでした。

大飯原発の周辺には、複数の断層があり、地裁判決でも、想定を上回る地震が起き、原子炉や使用済み核燃料プールが壊れる恐れを懸念した、ということです。

東日本大震災による、福島第一原発事故の後、「想定外」ということは許されないので、自然現象への対策を十二分にとることが必要です。その点、大飯原発3,4号機は、安全性にも疑問を持つ人がいると思います。

考えられる最大のリスクを想定することが必要です。

また、災害発生時の対応拠点となる緊急時対策所が、再稼働後の18年度まで完成しないことも、大きな問題と指摘されています。

地元同意手続きが、今後どうなるかですが、同意権は、福井県とおおい町だけ、というのが関電の見解です。

もし事故があれば、琵琶湖の汚染など関西に広く被害が及びます。

住民に避難が必要な地域の同意なしに、再稼働を進めることには、反対です。

いつも述べているように、京都府、滋賀県を含めて、30キロ圏の自治体の同意を得ることが必要だと思います。

あわせて読みたい

「大飯原発」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  4. 4

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  5. 5

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  6. 6

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  7. 7

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  8. 8

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  9. 9

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  10. 10

    GAFAの台頭を許したマイクロソフトがここにきて大復活を遂げている理由

    PRESIDENT Online

    06月23日 16:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。