記事

ひきこもり・不登校経験者2人にインタビュー。ひきこもったきっかけと、ひきこもり状態から出てきたきっかけ

1/2
ひきこもりのきっかけや状況は、人それぞれ。人によって事情や状況は異なるものだが、ひきこもり経験者が周囲にいない人にとっては「なぜひきこもるのか」「どんなきっかけなのか」が見当もつかないことが多い。

そこで、ひきこもり・不登校経験者である「NPO法人ウィークタイ」の代表泉さんと、「NPO法人グローバル・シップスこうべ」の代表森下さんに「ひきこもったきっかけ」や「ひきこもり状態から出てきたきっかけ」などの話を聞いた。

※あくまでこの2人の話であり、他の当事者の方に当てはまるわけではありません。

ひきこもった時期について

泉さん:僕は2回あるんですが、一度目は中学受験に落ちたのがきっかけかな…?希望していなかった中学に通い始めたときに、先生が「できる子」と「できない子」の扱いに差があるということを目の当たりにし、耐えられなくなって、不登校になったんです。 不登校を認める、認めないで家族の意見が衝突して、「僕のせいで家族がケンカしている…」と思うと、つらくなって、身体が動かなくなってしまい、ひきこもってしまいました。

画像を見る
(「NPO法人ウィークタイ」の代表泉さん。編集部撮影)

森下さん:
私も高校を卒業した後と、大学を卒業した後の2回あります。小さい時から同年代の人たちとうまく付きあえなくて苦しくて、でもがんばって通っていたんですが、高2の冬に祖母の死や、私の病気、学業の不振とかがきっかけで不登校になって、卒業しても2年間ほどひきこもっていました。進学する気はあったので自分では「浪人」と言っていました。

そして理系の大学に進学するんですが、途中から「なぜ働くの」とか「なぜ生きるの」というような哲学的なことを考え悩み始めて、また学校に行けなくなって不登校ぎみになりました。前後してアルバイトをしたりもしたんですが、同僚とうまくいかなくて。大学を5年かかってやっと卒業したんですが、就職活動する気力も無くてひきこもってしまいました。これが2回目です。

画像を見る
(活動中の「NPO法人グローバル・シップスこうべ」の代表森下さん 撮影:田中敦)

ひきこもりの間、どのように過ごしていたのか

泉さん:うーん、どうでしょう。僕はネットや読書をして過ごすことが多かったですね。 お金のない時はがんばって図書館に行って借りてくるんですが、お金のあるときは、ネットで中古の安い本と、ウィスキーのミニボトルを買っていました。2回目のひきこもりのときは、眠れなくてお酒はけっこう飲んでしまっていました。)

森下さん:僕は何していたかなあ。1日がすごく長かった記憶はあるんですが、何をしていたかの記憶…覚えているのは1回目の浪人の時は、テレビを観たりボランティア活動をしたり…ですかね。

2回目の時も最初はテレビを観たりしていましたが、途中からニュースやバラエティとかが嫌になって、映画を見たり、買い物に行ったり、たまには旅行やドライブをしたり、友人が飼っているネコの世話をしたり、裁判を聞きに行ったりしていました。

途中からはネットを始めて、オークションをしたりサイトを作ったり在宅ワークをしたりしていました。ただひきこもりのことはテレビで見たりして知っていましたが、話し相手がいたので支援機関は必要性を感じなかったりで、行こうとは思いませんでした。

どちらの時も親との確執がありました。父親は教員で、「あとを継いでほしい」と思っていたようなのですが、僕はそういうプレッシャーが嫌だったこともあって。
私は潔癖症と対人恐怖があって困っていました。

泉さん:それ、僕も一時期ありました。除菌スプレーを常備しているんですが、除菌スプレーのフタを除菌する除菌スプレーとか持っていました。(苦笑)
またある時は、「追跡妄想」もありました。家の前に停まっている車は、僕を逮捕しに来たに違いない…と思い込んでナンバーをメモしたり。その頃は本当につらかったですね。
でも、このような「病的な状態」の人もいれば、そうでない人もたくさんいるんですよ。

ひきこもり状態から出てきたきっかけ

泉さん:1回目の時は、通信制の予備校に通ったんです。そうしたら想像以上に自分に似た境遇の人がたくさんいて、安心したのか復活できまして。

そして大学には元気に通っていて、大学3年のころにサークルの主宰をしていたのですが、人間関係に疲れてしまいまして。唐突に家を出て、富良野の農場で働き始めました。僕のほうは数カ月土いじりをしているうちに落ち着いてきて。親はやっぱり心配だったのか、しばらくしてから連絡をしたら家族みんなで訪ねて来てくれました。でも、もう少しいたいということでそのまま働いて。

そしてさらに数カ月で大阪に戻ってきたのですが、大学の同級生は就職が決まり始めていて、「マスコミに決まった」「銀行に決まった」などと聞いていると、居場所がなくてつらくなって、またひきこもりました。

しばらくひきこもっていたところに、予備校時代の仲間がしつこく訪ねてきてくれたんです。僕は来られるのがしんどかったんですけどね(苦笑)

その頃僕が、何度も読み返してボロボロになるまで読んでいたのが社会活動家の湯浅誠さんの『貧困襲来』なんですが、その湯浅さんが大阪でイベントするみたいだよ、行こうよと誘われたんです。好きなものをダシにされてしょうがなく(笑)

そして、そのイベントのあとの懇親会で「ボランティア募集しています」と言われ、ボランティアメンバーになったのがきっかけで湯浅さんに大阪の各地、岡山、京都などのイベントに連れ出してもらいました。それで当事者支援にも関わるようになったんです。


画像を見る
(活動中の泉さん。本人提供写真、撮影:木村ナオヒロ)

森下さん:私は小さい時から海外に行きたかったんです。高校を卒業したら、海外に行きたいというか日本を出たくなって、お金をかけずに行く方法を調べていたら青年海外協力隊なら行けると知って。どんな資格がいるかと考えて教員の免許を取ろうと思ったのと、父との関係がうまくいかなくて家を出たかったので進学した、というのが1回目のひきこもり状態から出てきたきっかけです。教育には関心がありました。

大学に進学して不登校になってやっと卒業した後、高校や大学の友達づきあいがだんだん減ったり、減らしたりしていたなかで、1人だけ近くにいてくれた人がいました。ネコの世話があり、当時はその人の家に住んでいました。
でも私の潔癖症がひどくなってその人を巻き込むようになり、関係を続けられなくなってしまったんです。その人の家を出なければならなくなって。
さらに前後して母が若年性の認知症になりました。その前に祖母が亡くなっていたんですが、その時は帰省できなかったので、このままだと母の葬式にも出られないと思うようになりました。それで父に来てもらって「いったん住む家を探して」と話したら、見つけてくれました。これが2回目のひきこもり状態から出てきたきっかけです。

それまでに車の共有実験に関わったりして共有することに関心があったんですが、その家は部屋がたくさんある家だったので、家の共有ができないかなあと。ただ経験も無くてうまくいかず、ある人のすすめで起業の相談に行って、ひきこもりの事を話したら地元でひきこもりの支援をしている人を紹介してくれました。家族とも関係が悪化していて友達もいなくて、人と話したいと思って支援機関へ行くようになりました。

あわせて読みたい

「ひきこもり」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    鳩山氏がバラした球界OBガン罹患

    NEWSポストセブン

  2. 2

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    HUAWEI巡り中国人エリートに激震

    WEDGE Infinity

  4. 4

    富田林署員エロサイト閲覧に衝撃

    赤木智弘

  5. 5

    河野氏の答弁拒否より大きな問題

    大串博志

  6. 6

    医学部入試不正を生む奴隷的現場

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    昭恵氏 居場所なくほぼ軟禁状態

    SmartFLASH

  8. 8

    同僚へ告白し玉砕 社内で噂に

    キャリコネニュース

  9. 9

    絶望的にスマホ無知 日本の現状

    キャリコネニュース

  10. 10

    iPhoneに勝る?「Pixel 3」の魅力

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。