記事

任天堂が公道カート会社提訴、マリオ著作権侵害で損害賠償

[東京 24日 ロイター] - 任天堂<7974.T>は24日、公道カートのレンタル事業を手掛けるマリカー(東京都品川区)がマリオなどのキャラクター衣装を貸し出した上で、その画像を許可なく宣伝・営業に利用していることが著作権侵害などに当たるとして、1000万円の損害賠償と行為の差し止めを求める訴訟を東京地裁に提起したと発表した。

任天堂が訴えたのはマリカーと代表取締役。同社が任天堂の人気レースゲーム「マリオカート」の略称である「マリカー」を社名にした上で、カートをレンタルする際にマリオなどのキャラクター衣装を貸し出して宣伝・営業に利用する行為は不正競争行為と著作権侵害に当たると主張している。

任天堂は「これまでも警告していたが、誠意がみられなかったので訴訟に踏み切った」(広報担当者)とコメントしている。

(志田義寧)

あわせて読みたい

「任天堂」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  3. 3

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  4. 4

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  5. 5

    リモートワーク全否定企業が危機

    城繁幸

  6. 6

    給付金は必要 麻生氏発言に抗議

    田中龍作

  7. 7

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  8. 8

    ポリコレ求める人が無視する事実

    PRESIDENT Online

  9. 9

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  10. 10

    河野大臣は自民の救世主になるか

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。