記事

トランプの黒幕「バノン」の世界観(5・了)「オルタナ右翼」と日本文化の親和性 - 会田弘継

1/2

「オルタナ右翼(Alt-Right)」の論壇となったニュースサイト『ブライトバート・ニュース』は、トランプ政権の「黒幕」スティーブ・バノンが2007年の創設時から関わり、2012年から経営者となった。バノンと「オルタナ右翼」が結びつけられて語られるゆえんだ。だが、両者の結びつきは単純ではない。また、「オルタナ右翼」=「白人至上主義」ないし「白人民族主義」と一本線でつなぐのも、考えものだ。そこには複雑な経路がある。連載の(4)ではそのことを考えた。定義の難しい「オルタナ右翼」の内部の多様性についても、ブライトバートの編集幹部である若手論客ミロ・イァノプロスらの「主流派保守のためのオルタナ右翼ガイド」を手掛かりに探ってみた。【「トランプの黒幕『バノン』の世界観(4)『オルタナ右翼』の淵源と多様性」2017年2月17日

「1488族」

「オルタナ右翼ガイド」が「本来的保守主義者(natural conservatives)」に継ぐ第2の勢力として挙げている「ミーム・チーム」には、日本のサブカルの影響があることに触れた。ミームとはインターネット上で爆発的に広がる映像や文章・言葉などを指して言う。ミーム・チームのプラットフォームとして重要な役割を果たしているのが『4ちゃんねる(4chan)』、あるいは『8ちゃんねる(8chan)』であり、日本の掲示板サイト『2ちゃんねる』を模している。【An Establishment Conservative’s Guide to The Alt-Right, Breitbart News, Mar. 29, 2016

 若者たちがそこで「政治的正しさ(PC=political correctness)」などお構いなく、人種差別的あるいは反ユダヤ的な暴言などを投げつけ合っているのは、1960年代に若者たちが長髪とロックとフリーセックスで親の世代を仰天させたのと大差ないと、イァノプロスらは見る。若者たちに「知的覚醒」が起きたのでもなく「保守感覚」があるのでもない、と。ベビーブーム世代が1960年代に新左翼に惹かれたのと同じく、「自分たちが理解できない社会の規範に挑戦し、破るのが面白い」からやっているのだというのが「オルタナ右翼ガイド」の解説だ。保守でも左翼でもなく、「リバタリアン(自由至上主義)感覚」なのだとイァノプロスらは分析する。

 確かに、左右に関わりなく「リバタリアン感覚」が噴出するのがアメリカだ。左派の政治思想史学者マーク・リラも、ティーパーティ運動の分析でそうした観点を示したことがある。【The Tea Party Jacobins, The New York Review of Books, May. 27, 2010

 だがポイントは、いまなぜ「リバタリアン感覚」を右に噴出させているのか、だ。なぜ開放ではなく閉鎖への衝動となっているのか、であろう。イァノプロスらは後述するように文化的背景の説明を行っているが、それだけでは割り切れなさが残る。文化状況だけでなく、政治・経済的閉塞状況が衝動の向かう先を変えさせているのかもしれない。

「オルタナ右翼ガイド」が挙げているもう1つのグループは、「1488族」と呼ばれる「不寛容なホンモノの人種差別主義者」らだ。1488とは一種の暗号で、英語で「白人の生存と、そのこどもたちの未来を確かなものにしなければならない」というネオナチのスローガンの一文が14語からなることを「14」という数字で表し、「88」はアルファベットの8番目であるHを2つ並べることの符牒で、「ハイル・ヒトラー(ヒトラー総統万歳)」を表す。1488族とは、つまりネオナチ集団のことである。彼らの存在のため、オルタナ右翼は全体がネオナチのように見なされてしまっている。オルタナ右翼穏健派は、できればネオナチはいてほしくないと思っている、とイァノプロスらはいう。

「アイデンティティ・ポリティクス」の失敗

 このようにいくつかの潮流があるオルタナ右翼が出現した原因についてイァノプロスらは、西欧文明が、多文化主義の風潮の中で「死んだ白人男性ら」がつくった文明とされて貶められている問題を挙げる。大学にも進学できない白人労働者階級の若者は、マイノリティの大学生エリートたちが白人社会の伝統文化を否定するのをみて、「真に無視されているのは誰で、被害者面しているだけなのは誰か」をまざまざと見せつけられる思いを抱いている。その白人労働者の声に応えようとするかのように、オルタナ右翼の論客は「文化と人種は不可分」と主張し、白人文化の優位を語ることが多い。

 他方、経済と外交の方ばかり向く主流派保守に対し、オルタナ右翼は批判的だ。多文化主義による「アイデンティティ・ポリティクス」の隆盛に対し、「(古典的)人文主義や自由主義、普遍主義」を盾に押しとどめようという努力をしなかったと見るからだ。左派のアイデンティティ・ポリティクスには見て見ぬふりをして、逆に右派にその傾向が出てくると厳しく抑え込んだ。つまり、主流派保守の裏切りがオルタナ右翼の興隆という結果になったとイァノプロスらは主張する。

 ブライトバート・ニュースのスター記者でもある幹部の主張だから、オルタナ右翼の詭弁のように思う向きもあるかもしれないが、「アイデンティティ・ポリティクス」の行き過ぎ(PCはその「症例」)に対する似たような批判は、すでに20年以上前から左派の間にも出ていた。典型的な例は、ケネディ政権で大統領特別補佐官を務めたアーサー・シュレジンガー・ジュニアが1991年に著した『アメリカの分裂(The Disuniting of America)』である。最近でも、前出の左派政治思想史家マーク・リラが『ニューヨーク・タイムズ(NYT)』への寄稿で、リベラル派のアイデンティティ・ポリティクスが失敗したことは今回の大統領選で明らかになったとして、そこからの脱却を訴え、論議を呼んだ。【The End of Identity Liberalism, NYT ,Nov. 18,2016

 イァノプロスらが、オルタナ右翼を「体制エリートが生んだフランケンシュタイン」とみなしたのと同じ発想である。

 こうした「アイデンティティ・ポリティクス」の失敗の結果、本来的保守主義者(natural conservatives)を中核とするオルタナ右翼は、さまざまな民族が共存し統合されることは不可能だという悲観的世界観を持つに至った。それがイァノプロスらの主張だ。また、オルタナ右翼の論客たちの間では「文化は人種と不可分」と主張する傾向が強まった。このあたりは、アイデンティティ・ポリティクスとオルタナ右翼の誕生をめぐって、卵が先か鶏が先か的な議論になる余地がある。ただ、シュレジンガーやマーク・リラのような有力な左派論客までがアイデンティティ・ポリティクスの失敗を指摘している意味は大きい。

ネオコン主導の「主流派保守」打破のため

 オルタナ右翼系の知識人・論客とはどういう人物たちだろうか。

 オルタナ右翼(Alt-Right)とは「もう1つの右翼=オルタナティブ・ライト」の省略形表記だが、この省略形はブッシュ政権を支持する主流派保守に対し疑念を持つ右翼を指す言葉として、シンクタンク「国家政策研究所(National Policy Institute)」を主宰する若手論客リチャード・スペンサー(1978〜)が2008年につくったとされる。【How the So-Called “Alt-Right” Went From the Fringe to the White House, Mother Jones, Nov. 22, 2016

 ヘイト・グループを監視する組織である「南部貧困法律センター(SPLC)」は、白人アイデンティティと欧米文明の保持を中心とする極右思想を指す言葉と見なしている。【Alternative Right, Southern Poverty Law Center

 省略形でない「もう1つの右翼(alternative right)」という表現は、アメリカ保守思想に関する多数の著作を持つ思想史家ポール・ゴットフリード(1941〜)が使い始めて広まったとされる。ゴットフリードは、2008年大統領選でオバマ候補を立てた民主党に共和党が大敗したのを受け、ネオコン主導の主流派保守を打破するため「もう1つの右翼」運動を起こすよう訴えた。【Clinton plans Thursday address in Nevada on Trump and the ‘alt-right’, Washington Post, Aug. 23, 2016

 今回のトランプ支持のオルタナ右翼などの連合とネオコン・グループとが対立した背景は、このゴットフリードの発言にさかのぼることができる。ゴットフリードの発言は、さらに1992年大統領選で保守派論客パット・ブキャナンが出馬した際に、ブキャナン支持の論客たちとネオコンが激しく対立し、保守思想集団の分裂が起きたことに淵源を持つ。その歴史的経緯については稿を改めたい。ゴットフリードは、本連載(4)でイァノプロスらがオルタナ保守の淵源である思想家たちとして挙げたブキャナン、サミュエル・フランシスと深いつながりを持つ。3人はレーガン=バックリー保守主義から追放された一群の論客に属している。

あわせて読みたい

「右翼」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  2. 2

    米女優 脅迫にヌード公開で反撃

    女性自身

  3. 3

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  4. 4

    香港デモ 怒り背景に中国不信も

    BLOGOS編集部

  5. 5

    安倍政権に逆風 同日選が再浮上

    PRESIDENT Online

  6. 6

    イランによる船襲撃としたい米国

    猪野 亨

  7. 7

    老後2000万円問題は存在しない

    吊られた男

  8. 8

    噂の人物 正体は米軍最強シェフ

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    百恵さん 素顔撮影で復帰に期待

    NEWSポストセブン

  10. 10

    香港デモ成否が日本の未来に影響

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。