記事

前香港政府トップに有罪判決、在任中の不適切行為で

[香港 22日 ロイター] - 香港の高等法院(高裁)は22日、在任中に不適切な行為があったとして、香港政府のトップだった曽蔭権(ドナルド・ツァン)前行政長官に禁錮1年8カ月の判決を言い渡した。

曽被告は、呼吸困難と胸の痛みを訴えて20日夜から入院。その病院から、手錠姿で裁判所まで移送された。

裁判官は、曽被告ほどの高い地位にあった人物が国民の信頼を裏切ったことは重大だと指摘する一方、過去40年余りに渡って公職に身を捧げてきたことを考慮し、10カ月減刑したことを明らかにした。

9人の陪審団は17日、公職者として不適切な行為を行ったとして有罪の評決を下していた。曽被告は、政府が免許審査を行っていたラジオ局の主要株主との間の賃貸交渉を故意に隠したという。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  6. 6

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  7. 7

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  8. 8

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  9. 9

    監視されてる? リモート疲れ限界

    NEWSポストセブン

  10. 10

    就職に不利 日本で進む博士離れ

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。