記事

【アベ小学校疑惑】黒塗り契約書に隠されていた 「国有地タダ同然で払下げ」の筋書き

画像を見る

売買契約書・第42条。疑惑を追及していた地元議員が情報公開請求すると黒塗りで出てきた。

 国は契約に反して値引きをしていた。それも8億円もの ―

 「乙(学校法人・森友学園)は地下埋設物に関する一切の瑕疵の存在を了承したうえで本件土地を現状有姿で買い受ける」。国と森友学園とで交わした売買契約書の第42条だ。

 同条には土壌汚染のほか、ゴミや土中深い箇所での地下埋設物についても「一切の財産的請求をしないことにつき確認する」と書かれている。

 何が出てきても国に原状回復費用を請求しませんよ、という内容だ。

 ところが、契約内容に反して巨額のカネが動いた。不可解な経緯はこうだ ―

 

 同年3月、「杭打ち工事で新たな地下埋設物が発見された」と森友学園から近畿財務局(財務省の出先)に連絡があった。

 4月、国(大阪航空局※)は「撤去費用は8億1,900万円」と見積もり、その分を差し引いた金額を売り渡し額とした。1億3,400万円である。

 疑惑を追及していた地元豊中市議会の木村真議員が同年9月、近畿財務局に情報公開請求すると、この第42条部分が黒塗りで出てきた。

 国が隠したくなるのも当然である。本来、後から出てきた埋設物の撤去費用など契約上、請求できないようになっているからだ。

画像を見る

黒塗りが解除された売買契約・第42条。「一切の瑕疵の存在につき了承したうえで買い受ける」と明記されている。田中は某所から入手した。

 契約内容が公にされないまま、本来差し引くべきでない金額が差し引かれて、破格の売り渡し額が決定されたのである。

 ベテランの宅地建物取引士は「もともと荒地だった所に、瑕疵担保・瑕疵責任特約を付けるのは当たり前」。

 だれも全容を見ないだろうという前提で、あたかも通常の取引であるかのように装った契約書なのだ。

 カラクリは以下となる―

 「当初の不動産鑑定士による鑑定額9億5600万円」 ― 「国が森友学園に支払った土壌汚染廃棄物除去のための1億3176万円」=8億円余り。

 森友学園が国からもらったカネを使って、土地代金を支払ったかのように見せる筋書きだ。

 筋書きを実現するには、後から出てきた埋設物撤去費用を8億円余りとしなくてはいけなかったのである。

 結果として広大な国有地がタダ同然で「安倍晋三記念小学校」に払い下げとなったのである。

  ~終わり~

 ※伊丹空港の間近にあった土地を騒音対策のため大阪航空局が買い取っていた。



『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  6. 6

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  7. 7

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  9. 9

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  10. 10

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。