記事

消費関連企業の決算に注目、国境税の影響も焦点=今週の米株市場

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 20日から始まる週の米国株式市場では、上げ相場に一段の上昇余地があるかを占う試金石として、小売り大手ウォルマート・ストアーズ<WMT.N>など消費関連企業の決算が注目を集めそうだ。

ウォルマートのほかにも百貨店最大手メーシーズ<M.N>やホームセンター大手のホーム・デポ<HD.N>などが決算を公表する。業績に加えて個人消費の動向やトランプ大統領が提唱する国境税に対する幹部の発言が注目される。

住宅関連指標も材料視されそうだ。最近の個人消費の増勢やインフレ上昇が住宅価格の上昇と販売増加につながるかが焦点になる。

TDアメリトレードの首席市場ストラテジスト、JJキナハン氏はトランプ大統領の税制改革が小売業に及ぼす影響を投資家は見極めたいとし、国境税や移民政策などに関する経営幹部の発言が業績よりも重視されそうだと述べた。

ジェフェリーズの株式ストラテジスト、スティーブン・デサンクティス氏は、「小売売上高は好調だが、多くの小売企業は収益性が芳しくない」と述べ、小型小売り株の決算が重要と指摘した。

小売りセクターは最も割安感が強いため投資判断を「オーバーウエート」にしているが、利益が減少し株価収益率(PER)が悪化すれば「問題が生じてくる」と説明した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  5. 5

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  6. 6

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  7. 7

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  8. 8

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  9. 9

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  10. 10

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。