記事

トヨタの「プリウスPHV」は次世代車の本命か

次世代環境対応車の本命は何か、EV(電気自動車)、PHV(プラグインハイブリッド)、FCV(燃料電池車)――のどれか。

「ハイブリッドの次はなんだ?それはこのPHVです。これがトヨタの答えです」
トヨタ会長の内山田竹志さんは、こう語った。

トヨタは2月15日、都内で新型「プリウスPHV」発表会を開催しました。新型「プリウスPHV」は、トヨタがハイブリッド車に次ぐ、次世代環境対応車の柱と位置付けて発売する車です。

画像を見る

※発表会でお披露目になった新型プリウスPHV

PHVが「ハイブリッドの次」になれるかどうかは、つまるところ、この「プリウスPHV」が売れるかどうかですよね。価格は326万円から。やや高めの印象です。消費者から見て、それだけの魅力があるや否や。

新型「プリウスPHV」は、大容量リチウムイオン電池を搭載し、EV走行距離68.2キロ、最高時速135キロを実現。1.8リッターの高効率エンジンを搭載し、ハイブリッド車としての走行燃費も37.2キロと低燃費化を実現した。

充電システムは、専用の配線工事が不要なAC100V/6Aの一般家庭の普通充電では約14時間で満充電、トヨタの販売店(約4200基)や合同会社日本充電サービスと提携したコンビニ、ホテルなどの急速充電スポット(約14600基)を利用すれば約20分で80%の充電が可能となる。充電した電気は、屋外で家電製品に給電することもできる。最大電力1500Wで2日程度の電力を供給することができるため、災害時や電源のないキャンプ場など、非常用電源としての役割も期待できるという。

また、オプションとして、量産車では世界初となる「ソーラー充電システム」を採用し、太陽光エネルギーを駐車中に車両ルーフに取り付けられたソーラーパネルで駆動用バッテリーに給電して、1日最大約6.1キロ走行できる電力量を充電することができる。

トヨタは今年1月末までに、1997年に初代「プリウス」を発売してから20年足らずで、全世界累計1000万台のハイブリッド車の販売を達成した。

PHVの普及について、記者の質問に答えて「個人的には、ハイブリッドが1000万台普及したよりも早いのではないかと思っています」
と内山田さんは語った。

日産、フォルクスワーゲンなどが次世代環境対応車としてEVを本命視するのに対して、トヨタはPHVを本命とみているわけですが、果たしてどうでしょうか。答えが出るのには、少し時間がかかるでしょうね。

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    庶民に自粛させ豪遊する自公幹部

    田中龍作

  2. 2

    感染減 季節性よりGoToが要因か

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    携帯新料金 武田氏一転して評価

    赤木智弘

  4. 4

    病院長解任に「旭川医大の酷さ」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    小池氏が応援遊説 宣言下に驚き

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    国民煽る河野氏「和製トランプ」

    SmartFLASH

  7. 7

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  8. 8

    サンダース氏写真 撮影者が不満

    Rolling Stone Japan

  9. 9

    歯磨きで感染? 断定報道「誤り」

    川島透

  10. 10

    マホト恋人の今泉が出した答え

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。