記事

就活の「普段着でお越しください」は結局何が正解なのか 「スーツは無難だけど指示を無視することになる」という声も

会社説明会では、当日の服装を「普段着でお越しください」と案内されることがある。就活生からすれば、何を着ていけばよいのか迷うほか、常識を試されているように感じて困惑することもある。

2月14日、2ちゃんねるで「就活『普段着でお越しください。』」というスレッドを立てた人物は、「これ私服じゃないとあかんの? 」と疑問を投げかけた。

「スーツで行ったら逆に評価さがるんかね?」と心配


スレッドでは、「私服でええで」「みんな私服でくるよな」など、企業が普段着で来て構わないと言っているのだから従えばいい、というコメントが真っ先に飛び出した。スレ主は

「スーツで行ったら逆に評価さがるんかね?」

と心配している。たしかに、スーツは無難そうではあるが、「スーツで行く方が浮くぞ 気をつけろ」「スーツで来てるやつめっちゃ浮いてたわ 」などの突っ込みが入っている。スーツで行くのは不自然と考える人は多く、

「スーツならとりあえず間違いないけど向こうの言うこと無視してるからね 」
「わざわざ指定してあんのにスーツとか話きいてないなこのクズってなるよな」

などの書き込みがあった。ではどのような服装で行けばよいのか。スレッドでは

「ワイ、オフィスカジュアルで行っとる」
「普通にスラックス、襟付きシャツにセーターとかで小綺麗にしとけばええやろ 」

など、具体的な服装を示すコメントも見られた。

面接であれば面接官がスーツを着用している場合が多いほか、人数も少ないため就活生もスーツを着る方が良さそうだが、一般的に会社説明会では数十人~百人の大人数を対象に行うため、服装にこだわりすぎる必要はない、という考えだろう。スレ主は「なるほどビジカジで行けば良さそうやな 」と書き込み、スレッドを後にした。

業種によって「普段着」は異なることも 


また、「普段の生活を垣間見る為の措置だから変に気張らん方がええで 」という書き込みもあった。「あなたらしい服装でお越しください」と案内する企業もあるが、採用担当者からすれば就活生の服装から学生の人間性を見たい、というのが狙いなのだろう。

「TPOわきまえた普段着着てこいってだけやぞ 」と意見の通り、清潔感があり、周りを不快にさせない節度ある服装であれば問題なさそうだ。

ただ、同じ「普段着」でも業種によって異なることも事実だ。今年4月に就職する女子大学生(22)に就活中の話を聞くと、アパレル系企業の会社説明会にオフィスカジュアル着用で参加し、

「会場ではダメージジーンズやデニムジャケットを着た人がいました。案外カジュアルな普段着で来る人が多くて驚きました」

と面食らったという。オフィスカジュアルを着た人は少なかったため女子学生は会場で「浮いていた」と振り返り、「企業をよく調べずに行ったのがまずかったと思います」と話していた。

もっとも、説明会程度であれば服装が選考に影響することは普通ない。周囲と違ったからと言って思い悩む必要もないが、どうしても心配で仕方ないという人は希望職種に就職したOBOGに話を聞くのもひとつの手だろう。

あわせて読みたい:「新卒一括採用」見直しで議論

あわせて読みたい

「就職活動」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。