記事

日米首脳会談─お互い親しくなったのは良かったが、具体論はこれから

日米首脳会談が終わりました。基本的には両国の首脳が、お互い親しくなったということは良かったと思っています。日米両国間の首脳がお互いを理解し合うということは重要なことです。

トランプ大統領に対して、さまざまな懸念があります。法の下の平等、基本的人権の尊重、そういった価値観が重要だと考えている人々から見れば、大統領の最近の言動に対し、率直な指摘をすべきだったとの意見があります。触れるのか触れないのかというのは1つの判断ですが、安倍総理としては、まずは親しくなることが大事だと判断されました。私は残念に思っています。

今回の首脳外交の中で、評価できる点は2点だと思っています。

1つは日米同盟について、その重要性、特に尖閣が安保条約の対象範囲内であることを共同声明という公式文書の中で明確にしたこと。

そして、もう1つは、より日本に対して理解が深いと思われる副大統領と麻生副総理との間で経済問題を議論する。いわば、トランプ大統領と切り離して議論するということになったことです。

この2つについては、日本の外務省、財務省、経産省、防衛省の官僚が、かなり努力して勝ち得た成果だと思っています。

ただ、具体的にこれからさまざまな問題について議論していかなければなりません。安全保障についていえば、日本の自衛隊が、米軍にどこまで協力するのか。後方支援、あるいは集団的自衛権の行使について、具体的にアメリカから求められる、そういうケースもあるかもしれません。

経済について言うと、為替レート、そして自動車、農産物、そういった各論について議論はこれからです。さまざまな困難を乗り越えていかなければならないと考えているところです。

最後に、ランプ大統領がこれからどうなるか。さまざまな大統領選挙の時の発言の軌道修正が始まりました。「1つの中国」を認めたと伝えられることなどはその1つです。次第に共和党主流派との調整はなされていくでしょう。しかし、その過程において、さまざまな対立や混乱が政権の中で起こるリスクというものを想定しておかなければならないと思います。

あわせて読みたい

「日米首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  2. 2

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  3. 3

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  4. 4

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  5. 5

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  6. 6

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  7. 7

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  8. 8

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  10. 10

    強TO!急ZO! 日経の韻が巧MYO!!

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。