記事

京都府立医大暴力団組長診断書問題 いや奥が深そう

前回の記事から様々な情報(京都府立医大を強制捜査 組長に虚偽診断疑い、院長指示か収監逃れに暴力団側が依頼か 京都府立医大病院を捜索)が出てきました。今の状況を整理します。

1 主治医は院長の命令で虚偽の診断書を作成した
2 警察は信用できず、京都府立医大のカルテなどを別の医師に確認させた
3 精査にて虚偽の疑いが強くなった
4 主治医の任意の事情聴取で1が判明した

この組長本当かどうかはわかりませんがもうひとつ病気「後縦靱帯骨化症」をお持ちです。その治療が刑務所の病院ではできないと以前訴訟を起こしています。 (山口組ナンバー2、国を提訴 「刑務所の医療不十分」)この特定疾患の診断書も京都府立医大なのでしょうか。またその人が腎移植?

正直暴力団の組長の手術に対しても医局で問題視されたそうです。しかし病院長から命令されて腎臓の手術をしたことも記事になっていました。この主治医が嘘の診断書を書いたとか言われていますが、この院長と組長の関係、いや大学との関係をしっかり調べないと問題でしょう。本当ディオバンの事件といい、この大学に問題があるのかもしれません。前回の記事、毎日新聞だけで調べが足りず書いたことを少し反省しています。(私の経験は嘘ではないですし、警察への考え方は変わりませんが) 

医師が嘘の診断書を作成する。それを院長の立場の人間が指示?脅かされている可能性も指摘されていますが絶対に行ってはいけないことです。ただ本当奥が深そうです。

根拠のない免疫治療を行っている病院のCMがどうしてもブログ画面に出てしまっているようです。全く関与していませんし、彼らの治療を基本否定していることを念のため書かせていただきます。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  2. 2

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  3. 3

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  4. 4

    ベラルーシ女子陸上選手、帰国拒否 羽田空港へ連れられ

    BBCニュース

    08月02日 08:36

  5. 5

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  6. 6

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  7. 7

    こういう五輪中止の可能性

    krmmk3

    08月01日 15:19

  8. 8

    横浜市長選に立憲民主党等が擁立する候補予定者の適格性が問題視されるという異常な事態

    早川忠孝

    08月01日 22:01

  9. 9

    感染者数はピーク?であって欲しい 4連休で全国拡大

    中村ゆきつぐ

    08月02日 08:21

  10. 10

    行政から「入院できません」札幌市の医療崩壊受け医療従事者ら新宿でデモ

    田中龍作

    08月02日 09:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。