記事

クラウドソーシング『シュフティ』運営のうるるに上場承認「地味にスゴいビジネススキームに少し感動」

クラウドソーシング『シュフティ』などを運営する「うるる」に上場承認。今日は「ほぼ日」や「bbfm(近日調べる予定)」なども上場承認が降りましたが、個人的にうるるに興味があったので見てみました。

うるると言えば『シュフティ』というイメージがあったのですが、事業別の業績を見てみると「クラウドソーシング事業」の昨期の売上高は36百万円と想定外の小ささ。想定外すぎて動揺したのですが、他の事業を見てみて納得。これは地味に良く出来たビジネスモデル。めちゃ地味だけど。

画像を見る
参照元:日本取引所グループ「新規上場会社情報」

創業事業でもある「BPO事業」は現在子会社のうるるBPO社が中心となって回してるようですが、事業売上高は昨期約593百万円で経常利益66百万円。データ入力やスキャニング作業、システム開発案件などもあるっぽい。それら案件を『シュフティ』のクラウドワーカーになげたり、外部協力会社に投げたりしてさばいてる様子。

現在一番注力してるという「CGS事業」は自社運営サービスを通して案件を『シュフティ』に発注するモデル。入札情報の速報サービス『NJSS』、タブレットに手書きで書いたデータをスキャンして、自動化できない部分を手作業でデータ化する『カミメージ』、幼稚園などでの写真を販売するプラットフォーム『園ナビフォト』などを自社で運営している。『園ナビフォト』では一部クラウドワーカーのカメラマンを園に派遣したりもしてるようだ。

そんな感じで実質全ての事業が『シュフティ』と連携されており、各事業別の数値の多く(割合はわからないけど)は実質クラウドソーシング事業と言えるような気がする。データ入力などの案件は他クラウドソーシングサービスでも散見するが、ここまで作り込んで仕組み化してるのはなかなかすごい。地味にすごい。※「地味」を連呼してすみません。

あわせて読みたい

「クラウドソーシング」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  2. 2

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  3. 3

    変異株の真実/感染力は増して若干の軽症化が数字からの結論

    青山まさゆき

    05月14日 22:10

  4. 4

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  5. 5

    新型コロナ対策、政府はいったい何を間違えたのか

    田原総一朗

    05月14日 16:34

  6. 6

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  7. 7

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  8. 8

    「本来国がやらないといけない」堀江貴文氏が糖尿病の恐怖を伝える映画を作ったワケ

    ABEMA TIMES

    05月14日 16:55

  9. 9

    中止・延期・無観客のツケを払うのは国民 東京五輪反対論に安易に乗れない理由

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    05月14日 12:42

  10. 10

    いま富裕層がタワマンには目もくれず、「地方の一軒家」を建て始めたワケ

    PRESIDENT Online

    05月14日 11:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。