記事

防衛省集計の「米軍機の飛行に係る苦情等受付状況表」の2016年10~12月分を入手

 防衛省集計の「米軍機の飛行に係る苦情等受付状況表」の2016年10~12月分を入手しました。この3か月間の苦情は、13県65件になります。

 内訳は、埼玉県9、群馬県9、栃木県2、長野県5、山梨県1、和歌山県2、島根県22、広島県2、徳島県1、愛媛県1、高知県1、大分県5、鹿児島県5です。

 米軍機戦闘訓練エリア(エリアH:群馬・長野、エリアQ:島根)、低空飛行訓練ルート(ブルールート:長野、オレンジルート:和歌山・徳島・高知、ブラウンルート:広島)、首都圏訓練エリア(群馬・埼玉・栃木・山梨)、謎の九州ルート(大分・鹿児島)などの苦情が多数寄せられています。

 埼玉県内で苦情の申し出があった地域が広がっています。この3か月間を見ると、米軍横田基地の滑走路の延長線上にあたる吉見町やときがわ町、東松山市とともに、横田基地から北東方面にあたるふじみ野市、県南部の川口市、県東部の春日部市にまで広がっています。

 実際の爆音被害の住民の訴えに比べて、防衛省の集計方法は苦情件数を過少にカウントしています。たとえば島根県では10月の苦情受付件数は9件ですが、実際に苦情を訴えた住民は31人、米軍機の飛行回数は32回になっています。同様に11月の苦情受付件数は12件に対して、苦情を訴えた住民は49人、米軍機の飛行回数は55回。12月は、1件、4人、7回です。防衛省側が苦情を丸めてカウントするために、苦情の実態と苦情集計件数に開きが生じています。

あわせて読みたい

「在日米軍」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  6. 6

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  7. 7

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。