記事

弾劾裁判審査前に反撃 韓国朴大統領インタビュー その1

1/2

画像を見る

朴斗鎮(コリア国際研究所所長)

(この記事は「チョン・ギュジェTV」2017年01月25日放送の翻訳です。訳:朴斗鎮

朴槿恵(パククネ)大統領は1月25日、旧正月(1月28日)を前にして、青瓦台の常春斎.(サンチュンジェ)で、インターネット放送「チョン・ギュジェTV」のチョン・ギュジェ韓国経済新聞主筆との単独インタビューに電撃的に応じた(アクセス数195万回 2016年2月9日午後6時半時点)。

インタビューでは崔順実(チェ・スンシル、改名後は崔ソウォン)ゲート後に展開された左派系「ろうそく集会」、保守系「太極旗集会」、国会弾劾訴追案可決、特別検察捜査、憲法裁判所での弾劾審判等について、1時間余り語った。

その中で、メディアなどの各種疑惑報道には誤報とデマがあまりにも多いとし、何か以前から企画されたものではないかとしながらも、崔順実ゲートによる国政の混乱については再び国民に謝罪した。

しかし、疑惑の核心であるミル財団とKスポーツ財団などに対する贈収賄容疑については、憲法裁判所の審議と特別検察の捜査が進行中であるためか具体的言及はなかった。

今回の電撃的インタビューについては、憲法裁判所の弾劾可否をめぐって保守対左派の対立がますます激化(最近は保守のデモが左派のデモ数を上回っている)する中、2月に山場を迎える弾劾裁判審査を前にして大統領が反撃に出たのではないかとの見方もある。

その背景には、JTBCをはじめとするメディア報道のデマと誤報が次々と明らかにされていることや、収賄容疑の核心と言える李在鎔(イ・ジェヨン)サムソン副会長の逮捕が見送られたことなどで、朴大統領の「失政」が弾劾に値するものではないとする世論の広がりがあるようだ。

事実1月26日の慶尚北道・大邱(テグ)における弾劾棄却デモでは、主催者の予想をはるかに上回る数万人が集まった。大邱での世論調査でも朴大統領弾劾に対する賛否は五分五分にまで変化している。その底流には、このままでは韓国が親北・従北朝鮮勢力に支配されるのではないかとする保守勢力の危機感がある。

このインタビューの一部をとらえて、ハンギョレ新聞は、「弾劾が棄却されれば、自身を捜査して批判した検察やマスコミに対して大々的に手を加えると事実上脅迫した」などと曲解し「扇動報道」を行った。

インタビューの内容は以下の通り

チョン主筆 どのように過ごしていますか。

パク大統領 重い心で過ごしています。

チョン主筆 数日前、国立ソウル顕忠院に行って来られたと聞きました。

パク大統領 はい、いつも名節の前には参拝し、両親に生前のように言葉を差し上げていますが、今回は複雑で息苦しい心で行ってきたし、言葉も少し長くなりました。

チョン主筆 どのような言葉を?

パク大統領 内容はすべて申し上げることはできません

チョン主筆 何か答えを得られましたか。

パク大統領 そういう面もあります。

チョン主筆 最近国会で、私はその国会議員の名前を口に出すのも嫌ですが、非常識な絵がパロディ画(大統領を風刺したヌード画)を掲示しました。どのように見ておられますか。

パク大統領 人が生きていくうえで、いくらひどくても超えてはならないラインがあると思います。ところが、何の気兼ねもなく、罪の意識もなく、簡単に超えることができるというのを見て、これが韓国政治の現住所ではないか、そんな気がしました。

チョン主筆 今日の午前は、ユ・ジンリョン元文化体育観光部長官が、憲法裁判所で暴露話をしたそうです。どんな気持ちがしましたか。部下の長官として仕事をした人ですがどう思いますか。

パク大統領 長官を務めていたときの言葉と、退任した後の言葉が変わるのは、嘆かわしいことです。

チョン主筆 では質問をいたします。いま多くの国民、弾劾を要求する「ろうそくデモの国民」は、「私たちの指導者がなぜチェ・スンシルのような人間と一緒に同じレベルで仕事をしたのか。また私たちの指導者がもしかしたら判断能力が落ちているのではないかと怒っているということです。もちろん巷間や言論報道で言いふらされた面もありますが、青瓦台で祈祷を行ったとか向精神薬の中毒になっていたという噂もあります。多くの国民が大統領に対する失望感を極大化させています。憤怒ともいえ憎悪とも言えます。このようにしてこれまで3ヶ月が過ぎました。大統領としてその中の一部は、認めることができる部分もあり、何を言っているのか話にもならないねつ造だと思っておられることもあると思われます。いかがですか。

パク大統領 向精神薬を服用したとか祈祷をしたとかその他いろいろ言われていますが、全く事実ではなく全く根拠のない話です。そのような薬物の近くに行ったこともないし、クッの祈祷をしたこともありません。全く根拠のない話です。そうした話が数限りなく作られたのですが、こうした作り話を聞きながらどういう考えをしたかというと、大統領を引きずりおろして弾劾するため、これほどのひどい嘘を作り出さなければならなかったのなら、弾劾の根拠がどれほど脆弱なのか、そんなことを考えました。

チョン主筆 ところがそうしたウソ、とんでもない話が作られたのですが、このとんでもない話が大統領の力でも統制ができませんでした。なぜそうなったのでしょうか。あえてマスコミに圧力を加えないとしても、何らかの方法で、例えば訴訟とか、訂正を求める要請とか、反論とか、このような手順が踏めなかったのですか。

パク大統領 以前もそうしたことがあったのですが、それが一度作り上げられて風が吹けば、いくらそれは違うといって訂正報道の要請をしても、それは間違っていると記者会見で話をしても、これはこうだとの何らかの作り上げられたフレームができてしまうと、それ以外の話は一切受け付けないというそういう風潮があります。それでも今は、このように話をすることができますが、最初は何をいっても「それはすべて違う」という風潮がわが国では強いのです。

チョン主筆 一部の放送で、チェ・スンシルという人物が大統領の演説を添削した、直したと最初の暴露が出てきた時に、すぐに一部を認めました。そして記者会見をもって申し訳ないと話されましたがそれが間違いだったのですか?例えば今になって明らかになったことですが、タブレットPCがねつ造の可能性が高いとされています。ところが大統領になってスタッフが揃うまでチェ・スンシルから一部助言を受けたと認めたことによって、その後に数多く出てきた話まですべてを認めたようになってしまいました。

パク大統領 その謝罪について私にこのようなアドバイスをする人がいます。「私たちの社会では謝罪をしてはならない。間違ったことをしてももちこたえて謝罪してはならない」と。私はそうは思いません。その時謝ったのは、タブレットPCでさまざまなものが出てきたとの報道がなされた時です。ありえないことだと思いました。私が少し助けを受けたのは演説文の表現や広報的観点から(聴く人が)どのように受け入れるのだろうかということで、ある時期に(アドバイスを)受けただけです。どうしてあれだけ多くのデータが流出していたのだろうか、そこは正さなければならないと思いました。その次に、私も知らなかったことが出てきました。(チェ氏が)私益を得ていたという話ですが、これは初めて聞く話でした。しかしそれを知らなかったということは、結局は「私の不覚ではないか」と思って国民に謝罪申し上げたのです。国民に心配を掛けたことに対して謝罪しなければならない。そう考えたのです。

あわせて読みたい

「朴槿恵」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  3. 3

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  5. 5

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  6. 6

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  7. 7

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  8. 8

    箕輪氏 セクハラ疑惑で「暴言」

    文春オンライン

  9. 9

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  10. 10

    宗男氏 共産党議員の指摘に反論

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。