記事

会社が結婚を勧める理由は「奴隷の足枷」? 都合よく使われないためにも常に軽く転職活動しておこう

独身でいると、会社で上司から「結婚はまだか?」などと言われることがある。家庭を持ち精神的に安定するなどのメリットから、親身になって結婚を勧める人もいるが、別の意図を持つ人もいる。

2月8日、はてな匿名ダイアリーに「会社の上層部がしきりに結婚させたがる理由」という記事が投稿された。投稿者は会社が結婚させたがる思惑を次のように書いた。

「都合の悪いことを押し付けようとするとき『家族を路頭に迷わせる気か?』という脅しをかけやすいからだな」

「住宅ローンがあるから無茶ぶりも断りにくいだろう」よくよく考えると鬼畜

投稿者はこれまで「結婚して初めて一人前」という話を信じてきたが、それは「単なるカムフラージュ」だと気が付いたと綴っている。そのきっかけが自身の結婚か、社内の誰かの結婚かは不明だが、そう感じざるを得ない出来事が会社であったのだろう。

似たような話として昔から「マイホームを購入すると転勤させられる」というものがある。転勤は会社への忠誠心を試す「踏み絵」のような役割を果たすことがあり、これはこれで問題だ。はてなブックマークでも同様の指摘が見られる。

「家を購うと単身赴任させられるのと同じ」
「ただの奴隷の足枷、ってそれ何十年も前から言われてるから」

実際、家庭を持ったことで転勤など会社から不遇な目に逢わされた人もいる。

「総務課の女性が社内結婚すると、夫の方が転勤を命じられることが続いた。ふと、口減らしかな?と疑った。真実はわからない」
「某大手商社に勤務する後輩が、家を買った途端単身赴任を命じられたそうな。『住宅ローンがあるから無茶ぶりも断りにくいだろう』ということらしい。それと同じだね。よくよく考えると鬼畜」

会社としては、家庭を持って責任ある身であれば、多少の無理難題をふっかけても簡単には辞めないと足下を見ているのだろう。「家族とローンは現代の人質だからね」と書く人もいた。

「嫁ブロックは企業にとってありがたい存在なんだな」

一方で、転職したときに採用理由を聞いたら「家庭持ってるからそうそう辞めんだろう」と言われたという人もいた。まさに、「嫁ブロックは企業にとってありがたい存在なんだな」といったところだろう。

ただ、働く方としては、結婚していることを会社からつけこまれるのは面白くない。中には、

「常に転職活動は薄く実施しておくべき。会社が立場を咎めたときに『じゃぁ辞めます』というカードを持っていると強い。その安心感があると全然違う」

とアドバイスする人もいた。

あわせて読みたい:手取り17万円で安いとか喧嘩売ってるの?

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  4. 4

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  5. 5

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  8. 8

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  9. 9

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  10. 10

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。