記事

トランプ氏、入国禁止差し止め命令で司法を批判

トランプ大統領が、イスラム圏7ヶ国からの入国を禁止した大統領令について、ワシントン州が憲法違反で無効だとして差し止めを求めていた訴訟で、3日に同州シアトルの連邦地方裁判所は、大統領令を一時差し止める命令を出しました。

これによって、足止めされていた人たちがアメリカに入国でき、4歳の女の子が心臓手術のため、またアメリカの大学で学んでいる学生が授業を受けるため等、多くの人が、この一時差し止めの間にアメリカに入国しています。トランプ政権は、4日に、大統領令を一時差し止めたワシントン州の連邦地裁命令を即時停止するよう求めて、サンフランシスコ連邦高裁に上訴しました。

これに対して、連邦高裁は4日、即時停止を認めず、違憲判断を求めたワシントン州などには5日中に反論の書面を、政権側には6日午後までに反論への答弁書を提出するよう指示しました。

当面、法廷闘争が続きそうです。

大統領になっても暴言を放っているトランプ氏は、ツイッターに「このいわゆる判事の意見はばかげており、(判断が)ひっくり返されるだろう」「1人の判事によって禁止令が撤回されたため、多くのとても悪い、危険な者たちがわれわれの国に流れこんでくるだろう。ひどい判断だ。」と司法を批判しています。

しかし、この7ヶ国の人たちは、アメリカ人を1人も殺していない、一方、テロリストがいた中東の国でもトランプ氏がホテルをもっているなど経済活動をしている国は含まれていないなど、その点も恣意的と指摘されています。

トランプ大統領の姿勢は、「三権分立」を脅かすものです。それも理解していない人が、アメリカの大統領になってしまったことに、怖さを感じます。これ以上、アメリカを分断させる行動は、慎むべきだと思います。

あわせて読みたい

「トランプ大統領の入国禁止令」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性が「男らしさ」を追求する本当の理由

    御田寺圭

    12月01日 10:08

  2. 2

    泉田議員「2~3千万円の裏金を要求された」 自民党新潟県議を実名で暴露

    田中龍作

    12月02日 09:28

  3. 3

    大人が突然新しいことにチャレンジする「中年の思春期」忙しい我々が2回目の青春を謳歌するコツ

    土屋礼央

    12月02日 09:01

  4. 4

    鬼束ちひろ 飲酒なし、薬物検査も陰性…救急車キックで逮捕も“パニックの理由”に広がる同情

    女性自身

    12月01日 10:17

  5. 5

    一連の世代交代、執行部交代で、あちらこちらで改革のエネルギーが少しは高まったかな

    早川忠孝

    12月01日 14:33

  6. 6

    まるで料理写真の教科書 政府系金融機関が出した写真の撮り方マニュアルが話題に

    川島透

    12月01日 09:00

  7. 7

    言うべきこと言わない、言われたことだけしかしない by みずほ

    ヒロ

    12月01日 10:32

  8. 8

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  9. 9

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  10. 10

    女子テニス協会が中国や香港でのトーナメントを全て中止すると発表 彭帥さんの告発問題で

    ABEMA TIMES

    12月02日 11:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。