記事

「男系だろうが、女系だろうが知ったこっちゃない」生前退位は天皇陛下の願いどおりに~小林よしのり氏インタビュー

1/2

昨年末に発表した「BLOGOS AWARD」で大賞に輝いた漫画家の小林よしのり氏。賞金の贈呈をおこなうと共に、ブログへの想いや執筆スタイルについて話を伺った。今まさに議論が行われている天皇陛下の生前退位や、トランプ大統領についても熱い意見が飛び出した。【田野幸伸(編集部)】

BLOGOS編集部

ーBLOGOS AWARD、大賞受賞おめでとうございます。さっそくですが小林先生がブログを始めたのはいつごろのことでしょうか。

小林よしのり(以下小林):「ゴー宣道場」を始めた時に、お知らせなどのホームページが必要になって、ブログを始めたんだったと思う。だから7年前ぐらいになるかな。

ーブログで発信していこう、と思われたきっかけは。

小林:最初は「ゴー宣道場」の人集め感覚で「日常をブログに軽く書いていこう」ぐらいだったんだが、どうしても朝、新聞を読むとムカムカすることがある(笑)。

そのムカムカのはけ口をブログに求めてすぐ書いてしまうみたいな所からかな。作品っていうのは、書いた後に随分待たなきゃいかんわけだよ。

コンテからペン入れが終わるまで2週間ぐらいまであって、そこから発売されるのに2週間ぐらいあって。わしの意見が世に出るのが1ヶ月後みたいな話になってしまう。

そうすると、わしの関心は次に移ってしまっていて、新聞を毎日読んで、怒りの感情が湧くのを鎮められない状態になるので、つい書いてしまうんだな。

ブログは30分以内で書くのがルール

「なんだこれは?」と思ったら、自分の部屋に戻ってきて、タカタカタカッと書く。でもすぐ仕事場に行かなきゃイカンから、絶対30分以内に書くぞという覚悟を決めて、なるべく短い時間で書いてしまうのだ。

そうなると、言葉足らずになる部分も出てきて、誤解されて炎上するようなことも起きてしまうのだが、まあそんなことは知ったこっちゃないと。

ブログは、あんまり客観的に読んでもらうために書くものじゃない。元々「日記」って意味なんだろうから、読む人のことなんて知ったこっちゃないという感じで書いてしまっているよね。

ー小林先生はあまりネットをご覧にならないそうですが、炎上に気がつかないなんてこともあるのでしょうか。

小林:人が教えてくれるんだよ。「今、なんて言われているのか知っているのか?」みたいに。「中国人の観光客がウザい」って書いたら、「随分批判されていますね」とか「そんなに中国人が嫌いなのか」とか言われたりして。

・外国人観光客は目障りだ(http://blogos.com/article/161934/

「違うんだよ、アレは」って。あれはわしが昔フランスに旅行に行った時に、フランス人は、日本人観光客を差別していて、非常に厳しかったと。

ただそれが非常に教訓になった。やっぱりガヤガヤ団体行動ばっかりして、ブランド物のお店に入っていくこと自体がみっともないということに気がついた。

だからそういう差別的蔑視が、自分の身を振り返らせることができるってことにもなるんだよと。それを「おもてなし、おもてなし」と言って、どんな振る舞いでも全部許容していたら、どこで観光客は教育されるの?

そういうのが常識なんだよと。日本にやってきた外国人観光客の振る舞いがひどかったら、「酷すぎる」と言うのは、本当は常識的なことなんだよってことを言っているわけだよね。

でも、ブログって面倒くさいからそこまで細かく書かないじゃない。そうしたら炎上しちゃうんだよね。

ー執筆時間を30分以内と決めてらっしゃるんですもんね。

小林:だけども、同じように感じている人もいるわけじゃない。外国人観光客が京都の舞妓さんのところに立ち塞がって振る舞いを見ていたり、寿司屋を予約していたのに、平気で当日キャンセルしたり。

そういうので被害に遭っている人は共感するだろうから、まあ、それでいいやって。それを懇切丁寧に書いていったら論文になるからね。ブログではそれは無理だ。

ー非常に短くスピーディーで、継続的にブログを書かれているなということを、編集部としては思っておりました。日々の書き方を聞いて、その秘密が分かりました。

小林:わしはtwitterをやらないからね。twitterはあまりにも短すぎるというのがあるから、面倒くさいっていうのがあるでしょ。くだらないネトウヨが、なんか言ってくるわけでしょ?それを見なきゃいけないなんて、健康に悪い(笑)。

ブログだとそれは無いから。言いっぱなしだから良い。それでいて論文を書く気はないから。だから、日記のように書くのは、ちょうどいいかな。

ブログを書くもう一つの理由は、「眠気覚まし」のため。ずーっと仕事をしていると段々眠くなって、ボンヤリしてくる。

そうするとここどうしようかな〜、ここでギャグがいるなーっと思っても、なかなかアイディア浮かばなくなってきてしまう。

そういう時に、気付け薬みたいな感じで「じゃあもうブログ書いてやれ」みたいな(笑)。そうすると、意識がはっきりしてくるんだな。気持ちの切り替わりができるというか。

そこでパパパッと30分以内に書いて、パンってやったら、また目が冴えて仕事に復帰という効果もブログにはある。

ー新聞を読んでムカムカした事以外にも、AKBのことだったりとか、ドラマの感想とか、自由に書かれていますよね。

小林:書くからには「なるべく褒めたい」というポリシーがあって。この前、『君の名は。』が、キネマ旬報のランキングから漏れてしまったら、『君の名は。』のファン達が「バカだ」「アホだ」の言葉ぐらいしか返せなくて、すごく悔しがっているということを聞くと「じゃあかばってやろう」みたいな感じで書く。

それをアップしたらワシのホームページがアクセス過多で繋がらなくなってしまった。「自分の好きな映画を擁護してくれている」という気持ちでみんな見にくるのだろう。

ー少しでも「いいな」と思ったら褒める、というお気持ちがあるんですか?

小林:あるな。もう片方では、今の朝ドラを見て「あまりにも暗くて退屈過ぎるんじゃないの」っていうのも、つい書いてしまう。

なるべくドラマとか役者とかは批判しないようにした方がいい。迂闊に書いていると、向こうがこっちのファンだったりする。

ーなるほど。そうすると、すごいショックですもんね。

小林:何かで会った時に「おぼっちゃまくん好きでした」みたいなことを言われたりして(笑)。なるべくけなしちゃイカンな〜という気持ちがある。

天皇陛下の願いどおりにしてあげたい

ー天皇陛下の生前退位を考える上で小林先生の書かれた『天皇論』に再び注目が集まっています。

小林:それもあって2月の終わりぐらいに『天皇論』の改訂版を出す。100ページ以上描き下ろしをやって、本がさらにぶ厚くなってしまったが。

とにかく、もっと世論を動かさなければというのがあるので、改訂版を出すことにした。天皇陛下の「退位したい」というお言葉によって、価値観が全部変わっちゃったんだな。

わしも『天皇論』の中では、「祭司が一番重要」とかって書いていたんだよ。でもやっぱり天皇陛下の今までやってこられたこと、お言葉を聞くと、退位が正しいなと。

宮中に閉じこもって、祭司だけやっていれば、それで天皇の役割が果たせるって話じゃない。公務削減とか、政府は言いよるけど、やっぱり国民と共に寄り添って歩むと言う形を示されたから、我々も尊敬するわけだし。

沖縄に琉歌まで作って、沖縄の人の気持ちを慰め、あるいは震災の被害に遭った人達、身障者の人達、ハンセン病の人達の気持ちを慰めという感じで。

資本主義とか民主主義からあぶれてしまった人達、少数者。そこを天皇陛下が見てくれている。それがものすごく大きく、一番重要なことだった。

なんとか天皇陛下の願いどおりにしてあげたいというのが、わしの一番の考え。こっち側のただの一国民に過ぎない人間が、天皇のお気持ちなんて分かるわけがない。天皇になったことがないのだから。

天皇がどれほどの考えで、今の仕事をやっておられるかっていうこと。「天皇の思うがまま」と言ったって、絶対に踏み外したことは言われない。

自分の自由意志で発言されたのって皇位継承ぐらいでしょ。我々なんかだって、「うちの家の家督は誰に継がせろ」とか勝手に決めてるわけだ。それが決められないのだよ。他人がガタガタ言うんだ。そっちはいけないとか。

「キツくなってきたから退職したい」というと、「ダメだ!死ぬまでやれ」と。どうしてそんな無茶苦茶なことが言えるのか!?自分の家庭を考えてご覧なさいよってことでしょ。

男系だろうが、女系だろうが知ったこっちゃないじゃないか。自分の家は、女の子が継いだ方がいいと思ったら、そうすればいいんじゃないの?

象徴だから、女性活躍の時代が必要だって言うなら、女性天皇にしたっていいじゃないか。だからもう天皇の思うがままにやろうという本を今作っている。衝撃的なことが色々書いてあるからな。

ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論 平成29年: 増補改訂版
小林 よしのり
小学館
売り上げランキング: 710

あわせて読みたい

「天皇陛下」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  3. 3

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  4. 4

    「モニタリング小泉」議員が皮肉

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  6. 6

    いきステ コスパ重視で復活可能?

    内藤忍

  7. 7

    電通委託 安倍一強が政治を劣化

    早川忠孝

  8. 8

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  9. 9

    「民度違う」麻生氏の発言が物議

    SmartFLASH

  10. 10

    給付金事業 経産省が定款準備か

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。