記事

【ホワイトハウス権力闘争】

トランプ大統領の前代未聞の言動にびっくりの連続。The Economistの最新号の Kal’s cartoonはブルドッグのようなトランプ氏がホワイトハウスをメチャメチャにしている様子

[画像をブログで見る]

初代ワシントン大統領の肖像画が傾き、星条旗がずたずたに破られ、BRIEFING BOOKという大統領への"ご説明"の資料は床に投げ出され、アンクルサム(=アメリカの象徴)がシャンデリアの上に避難中。

トランプ大統領が一言。SO FAR SO GOOD(今のところよし)

WSJのTrump’s First Weeks Leave Washington – and the White House Staff- Panting(トランプの最初の2週間でワシントンもホワイトハウスのスタッフも息切れ)は、ホワイトハウス内の権力闘争を特集しています。

[画像をブログで見る]

「11月の選挙以降、権力闘争(jockeying for position) が繰り広げられたが、トランプ大統領は先週末、および1 月30日に政権幹部の役割を明確にした」とのこと。

具体的には「Reince Priebus が首席補佐官であり、彼が知らないという事態はあり得ないSteve Bannonは上級戦略官であり、外交方針にあまり立ち入ってはならないKellyanne Conway 対外コミュニケーションに専念する」そうです。この3人と大統領の娘婿のJared Kushnerが中枢中の中枢としていつも紹介されます。

[画像をブログで見る]

WSJは「就任2週間でさまざまな混乱があったが、戦略的なものなのか、権力闘争、あるいは未経験や単なる組織の混乱の問題なのか明確にはしくい(How much of the first two week's tumult was strategic and how much was a result of infighting, inexperience or simple disorganization is hard to pinpoint)」と内部の混乱を指摘しています。

さらに、政権移行チームのメンバーとしてダボスでお会いしたAnthony Scaramucci も記事に登場。

[画像をブログで見る]

ホワイトハウス上級顧問として、省庁間の調整をするOffice of Public Engagement and Intergovernmental Affairsの局長(オバマ政権ではValerie Jarrettが持っていたポジション)に任命されていました。

トランプ大統領にお仕えするため、自らのヘッジファンドSkyBridge Capitalをちょうど売却すると発表した日にお会いしましたが、記事によると、プリーバス首席補佐官がトランプに影響力のあるスカラムッチの政権入りに反対しているそうです。 一触即発の事態に!

この理由としてNew York TimesはAnthony Scaramucci Won’t Get Announced White House Role, Official Says(スカラムッチ、ホワイトハウスの上級職への正式就任は白紙)の中で、 SkyBridge Capital 株式の過半数を 中国の政府系コングロマリット=海航集団(HNAグループ)傘下の企業となることを挙げています。

一方、Politicoによると、スパイサー報道官が「スカラムッチはプリーバスのよき友人で同僚でチームに加われば財産になる。内部闘争と言われるのはナンセンスだ(This so-called infighting is nonsense)と会見で述べています。

FTによると、スカラムッチ本人が3日、Twitterで「スポーツでも政治でもピーピー嘆いても仕方ない。次に向けて準備中!それまで・・・(There is no whining in sports or politics. I am regrouping and getting ready for the next play! Until then...)」とつぶやきました。ホワイトハウス上級職を断念したように見えますが、そのつぶやきが削除されています!!どういうこっちゃ!?

こうした闘争の間にも移民入国禁止イランとの外交問題のエスカレートなどが燃え上がっています。

そして、調整役不在の中、今週後半には日米首脳会談ですね。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  2. 2

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  3. 3

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  4. 4

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  5. 5

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  6. 6

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  7. 7

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  8. 8

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

  9. 9

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  10. 10

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。