記事

「動画配信戦国時代」を生き抜く条件

次世代メディア研究所長 メディアアナリスト 鈴木祐司
構成=衣谷 康

2015年9月、米国の動画配信大手ネットフリックスが日本でサービスを開始し、通販大手のアマゾンも「Amazonプライム・ビデオ」の提供を始めた。日本国内でも10月に在京民放キー局共同の見逃し番組配信ポータル「TVer」が開設。12月には対話アプリ大手のラインが「LINE LIVE」を、2016年からはIT大手のサイバーエージェントが「AbemaTV」と、新規参入が相次いでいる。

しかし、動画配信事業が単独で成功する可能性は高くないとみている。日本に上陸した際は「5年以内に日本のテレビ局は壊滅する」とまで言われたネットフリックスだが、同社自身、日本だけで簡単に売り上げが上がるとは考えていない。狙いはむしろ、日本のコンテンツの調達にある。日本のアニメは世界中で見られているキラーコンテンツだし、ドラマや映画もアジアでは通用することが多い。それらの配信の権利を買ったり、新たなコンテンツを制作したりして、海外会員向けに配信し、会員増を目指している。

アマゾンにしても、ビデオ事業を本業であるネット通販の売り上げにつなげることが目的だ。動画配信を通じてAmazonプライムの会員数を増やし、同時に関連のDVDやグッズなどを通販で買ってもらう。

私は、この「動画配信戦国時代」を生き抜く方程式は「コンテンツ力×発信力(サイト)×他メディアや事業との連携」と考えている。コンテンツそのものの魅力を最大化し、それを集客力のあるサイトやアプリで発信、そのうえでほかのメディアや事業と連携させることで全体として収益を上げていく、ということだ。

例えば日本テレビの取り組み。2014年に米動画配信フールーを買収したが、地上波テレビの発信力に、無料の見逃し配信とフールーをうまく組み合わせることで相乗効果を出し始めている。

あわせて読みたい

「動画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

  2. 2

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  3. 3

    日本は悪くないと 韓国の反日観

    文春オンライン

  4. 4

    野党に振り回された宇都宮健児氏

    田中龍作

  5. 5

    休むと3万円 ホテル支配人の実態

    紙屋高雪

  6. 6

    貧乏国・日本 全員停滞で幸せか

    fujipon

  7. 7

    小池知事が当確 朝日朝刊に苦言

    常見陽平

  8. 8

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  9. 9

    都知事選 落選者らの敗因を分析

    ヒロ

  10. 10

    レジ袋未精算で人生棒に振る人も

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。