記事

スイスのデモと日本のデモ

もう10年前の話。

スイスのジュネーブにあるILO本部と国連ヨーロッパ本部の人権高等弁務官に、日本の労働者の置かれた深刻な実態を伝え、日本政府に勧告を出すよう要請する目的で行った。

ジュネーブ以外にも、チューリッヒなどにも足を運んだ。
そして、チューリッヒで5月1日を迎え、メーデーが行われたので、せっかくだと思いメーデーに参加してみた。

チューリッヒはスイスの首都ではあるが、こじんまりした街で、落ち着いた街である。

しかし、メーデーの時だけは、どこからこんなに人が出てきたんだろう、と思うくらい、多くの人達がデモに参加し、町中を歩いていた。

日本のデモに比べ、色彩的には圧倒的に赤が多く、いろいろな訴えが書かれたプラカード(全く読めませんでしたが)の他、とりわけ真っ赤な旗に、チェゲバラの顔が黒でデザインされている旗を多くの人が抱えていた。
風船を持ったりなんて、穏やかぶりをあえてアピールする日本のメーデーとは全く異なり、見た目はずっとストレートで、労働者として訴えることを訴えるんだ、という気迫に満ちていた。

道いっぱいを赤い色彩のものすごい多くの人達が、堂々と流れていく姿は圧巻だった。そして、いつまで経っても、人の波が終わらない。

僕もデモに参加したが、僕が見た限り、警察の警備など全くといって良いほどなかった(当時撮った写真を見ても、警察の姿は全くない)。

僕がメーデーに参加して歩いたのは、古い街中の道で、もともと車の往来が激しい基幹道路ではなかった。だから、もしかしたら、車の行き来が多い道では、警察が交通整理などをしていたのかもしれない。

ただ、街の雰囲気としては、「デモで訴える人達は、当然の権利を行使している」と当たり前のこととして受け止めている感じで、警察にも「デモを管理する」などという認識はなかったと思う。

確かに、車の往来が多い道をデモ行進する際、警察の方々の交通整理は重要であり、デモをする人の安全も守りつつ、車の往来をできる限りスムーズにしようという配慮は必要だろう。

したがって、日本のデモについても、警察の対応は不必要だ、などとは全く思わない。

しかし、日本、とりわけ、最近の東京の「素人の乱」の方たちが企画するデモに対する警察の対応は、明らかに異常だ。デモに対する過度な、不当な対応がなされていると言わざるを得ない。

あたかも、街中では、原則として表現の自由がないかのような状況が作り出されてしまっている。

この間の逮捕の映像を見る限り、この程度のデモで、警察がこれだけの過剰な対応をする、というのは、国際的に見て、少なくとも民主主義国家と標榜する国家の中では、異常であると言わざるを得ない。

警察を指揮する側に、いろいろな意図があるのだろうが、東京の警察の対応は、どう見ても行き過ぎである。

それこそ、あまりにひどい場合には、国連のヨーロッパ本部の人権高等弁務官に会いに行って報告をしなければならない。恥ずかしいことであるので、避けたいところである。

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  6. 6

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  7. 7

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。