記事

マーケティング重視なキャスティングとは思えない/『破門 ふたりのヤクビョーガミ』

『破門 ふたりのヤクビョーガミ』鑑賞。それにしてもこのクソだっさいタイトルなんとかならんのか……

[画像をブログで見る]

原作は個人的に“ナニワのエルロイ”、“ナニワのレナード”と呼んでいる黒川博行の直木賞受賞作。センテンスは短く、セリフはおろか、それ以外も関西弁で書かれており、軽快でノリがよく、キャラクターの掛け合いで話を転がしていく文体が特徴。タランティーノが『パルプ・フィクション』をエルモア・レナード風に仕立て上げたように、この映画版の『破門』も、「文学を映画に移し替える」ということをしており、作品のテンションは結構似ている部分があっておもしろく観た。

自主規制が当たり前になった昨今のメジャー邦画では珍しく、タバコをスパスパ吸い、登場人物の8割くらいはヤクザ。長回しによる執拗なエグいバイオレンスもあり、これにおっぱいが出てればいうことないという感じ。

何よりもこの映画の最大の魅力はキャスティング。マーケティングを重視しつつ、関西出身で固め、北野武とは真反対の関西弁のみで奏でられる小気味良いセリフ回しで魅せていく。二宮役の横山裕はもちろん、イケイケヤクザの桑原はちょっとインテリ寄りに変更されるもキレたら豹変するという設定で、その変貌ぶりを佐々木蔵之助が見事に演じている。さらにしぶとく逃げ延びる小清水の橋爪功、その愛人に橋本まなみ、気が強い関西のねーちゃんっぽい北川景子、二宮を息子のように想う國村隼などほぼほぼ原作通りで感動。 さらに黒川博行もサプライズで出演している。

大阪でロケしてるわりに泥臭さがなく、スタイリッシュな感じに仕上がっていて、全体的に軽く、安っぽいのが残念極まりないし、原作から丸々シーンを抜くのではなく、ひとつのシーンから少しだけぶっこ抜いているので、まったく繋がってこないシーンもあって、話がわかりにくくなるのではないか?という懸念もなくはないが、元々小説自体が軽快なエンターテインメントだけに、その軽さやスピード感も含めて及第点はあげてもいいのではないだろうか。とはいえ、傑作でもないので、強くおすすめはしないけれど。


破門 (角川文庫)
破門 (角川文庫)

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。