記事

入国制限の米大統領令、身内共和党からも法整備の必要性問う声

[ワシントン 1日 ロイター] - トランプ米大統領の難民・移民に関する大統領令について、議会が立法化を検討する必要があるのでないかとの声が、民主党に加え、身内である共和党議員からも上がっている。

コーカー上院外交委員長(共和党)はイスラム圏7カ国の市民に米国への入国を一時禁止した大統領令について、全ての影響を把握するには尚早だが、最終的には議会が修正を行う必要が出てくる可能性があると指摘。

記者団に対し、「真面目な話、われわれは依然として起こったことの影響全てを把握していない。(トランプ政権も)全ては分かっていないと思う」と述べた上で、「立法化による修正が必要かもしれない」と付け加えた。

先週末27日にトランプ大統領が出した大統領令は、入国審査に利用可能な情報が十分かどうかを精査する間、イラン、イラク、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンからの米国への入国を最低90日間禁止する内容。

上下両院の民主党議員は、大統領令を無効にするための法案を提出しているが、共和党が多数派を占める議会の通過は見込まれない。

共和党重鎮のマケイン上院議員も大統領令について、反テロリズムに対する米国の取り組みを弱めかねないと批判。

特にイラクは入国禁止リストに含まれるべきでないとし、イランと同列に扱われるべきではないと主張した。

同議員は大統領令に法整備が必要かどうかについては、今後どのように実施されていくかによるとしている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  2. 2

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  3. 3

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  4. 4

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  6. 6

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  9. 9

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。