記事

「アメリカ第一」と叫び続けるトランプ氏と安倍首相 - 柴田鉄治

1/2

 2017年は、第45代米大統領に就任したトランプ氏が巻き起こした巨大な旋風に、全世界が翻弄されるかのような異常な年明けとなった。選挙戦で米国が分断された状況を、1月20日の就任演説で修復を図るのではないかという米国や日本のメディアの期待感もあっさり覆され、就任演説も「アメリカ第一」と叫び続ける異様な展開となったのだ。

 演説だけではない。就任と同時にTPPから離脱する、移民を受け入れないとする大統領令に署名し、メキシコとの間の巨大な壁の建設作業に着手することを宣言し、日本や中国との貿易で「米国は損をしている。二国間協定で是正する」と名指しで非難するなど、具体的な行動にも移しはじめたのである。

 しかも、それが受けて、史上初めて2万ドルを超えたという株価があと押しをしているのだから、何といったらいいのか。

 とはいえ、就任式に招待された民主党議員の多数が欠席し、式場外ではトランプ大統領の就任に反対する大規模なデモが各地で行われ、200人以上が逮捕されるという騒ぎに発展、こんな就任式は米国史上かつてなかったと報じられている。

 米国メディアとの対立もますます激しさを増している。新大統領の報道官は、180万人は集まったといわれるオバマ大統領の就任式と、その半数にも満たないことが一目瞭然の空撮写真が報じられたことを見ながら「150万人は集まった」と強弁し、「メディアは平気でウソを報じる」と非難したのである。

 こんな報道官で、これからメディアとの間がうまくいくのかどうか、他国のことながら心配になる。

 アメリカの大統領が「アメリカ第一主義」を主張することは、まだ分からないことではない。世界を見渡せば、ロシアのプーチン大統領は「ロシア第一主義」を、中国の習近平主席も「中国第一主義」を主張しており、似たようなものである。

 ところが、アメリカ以外の国で「アメリカ第一」と叫んでいるリーダーが一人いる。日本の安倍首相だ。奇妙に思われるかもしれないが、こう説明したら分かるだろう。

 日米同盟によって日本が他国から侵略されたら米国が助けに来てくれるが、米国の戦争には日本は助けに行かないことになっている。その代わり、日本は、米国のアジア戦略の一環として広大な米軍基地を提供し、他の同盟国の米軍基地とは比較にならないほど多額の費用を出している。

 それでバランスはとれているのに、戦後一貫して集団的自衛権の行使は憲法違反だとしてきた政府見解を閣議決定で引っくり返し、安保法制を強行採決して、米国の戦争に自衛隊を出す道を開いた。まさに「アメリカ第一」の政策で、米国は大喜びだ。

 もう一つ、沖縄もそうだ。人口密集地帯のど真ん中にある普天間基地の返還が決まってから20年経つというのに、いまだに実現していない。軍事的には沖縄に海兵隊の基地がある必要はないといわれているのに、日本政府は県民の猛反対を無視して辺野古に新しい基地をつくろうとしている。

 国土の0.6%の面積しかない沖縄に、米軍基地の74%が集中しているところへ、さらに新しい基地をつくるなんて「アメリカ第一主義」でなければ,所詮無理な話なのである。トランプ大統領も選挙中には「もっとカネを出さなければ米軍を引き揚げる」といっていたのだから、「どうぞ引き揚げてください」といえるような政府ならいいのだが……。

 安保法制にはどの世論調査でも反対が圧倒的に多く、また、沖縄県民の意向も明確なのに、安倍首相の「アメリカ第一主義」に対するメディアの批判は、極めて弱いといわざるを得ない。「ジャーナリズムの使命は権力の監視にある」という原点を、もっと大事にしたいものだ。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。