記事

NHKスペシャル「生活保護 3兆円の衝撃」の残念さ

9/16(金)の夜10時から10時50分に放送されたNHKスペシャル「生活保護 3兆円の衝撃」という番組をみました。番組の最後に、湯浅誠さんと私の2人が専門家として登場し、お互いほんのちょっとだけ発言していますが、私の発言部分について、すさまじい編集ぶりで、正直、魂消るというか、青ざめる思いがしました。

私の発言の一部だけをカットし、こういう極論に仕立てあげてしまうのが、一般的な地上波なので、私は原則として民放収録番組には出ない方針にしているのですが、これまで何度もクローズアップ現代などに出演していたNHKなので、収録だったのですが、つい油断してしまいました(いつも信頼を置いているY記者が、異動で収録時に立ち会わなかったので、一瞬、不安に思ったのですが・・・)。一般的な地上波の原則に、信頼していたNHKも例外ではなかったことが今回わかり、非常に残念に思います。

前半の番組内容(これも、関西で1年以上前から放送されている「かんさい熱視線」という番組のダイジェストで、とくに目新しいものはありませんでした。これ自体は当時、優れた取材だったと思いますが。)からいえば、私と湯浅さんの発言でバランスを取ったつもりでしょうが、この編集は、全く私の本意ではありません。

そもそも、エビデンスに基づかない恣意的な生活保護基準の引き下げに反対するなど、湯浅氏の運動に協力していた時期もあるので、お互いそれほど大きな意見の隔たりはないはずですが、今回、湯浅氏が発言した内容の多くが私と重なっていたため、あえてこの部分の私の発言はすべてカットされたようです。しかし、これでは、湯浅氏のすべての発言に私は反対していると受け止められてしまいます。

また、「稼働能力層を生活保護に入れるのは間違いであるが・・・」という発言に続いて、本来は、「入れない代わりにどうすべきか、あるいは入れてしまった稼働能力層にどう対処すべきか」、という処方箋の提言をそれこそ1時間半もかけて繰り返し話したはずで、そこが私の発言の最大のポイントであったはずですが、番組では見事にカットされました(経済学を活用したインセンティブづけを提言したその内容に関心がある方は、拙著「社会保障の不都合な真実」日経新聞に、その一部が紹介がありますが、それこそ一部ですし、落胆したので、ここでは発言内容を繰り返して書く気力がしません)。

「稼働能力層を生活保護に入れるべきではない」、「指示義務で自立支援プログラムへの参加を強制すべき」という発言だけにカットされては、世間の期待通り「血も涙も無い経済学者像」そのものですね。確かに、前ふりでそう発言したことは認めますが、発言の全部を取り上げないで、前ふりだけでカットされるとは、正直、驚きました。

そもそも、生活保護の問題について、私と湯浅さんの対談で問題を多角的に、深く掘り下げるということで、出演を引き受けたのですが、対談ではなく、それぞれの収録になったのは仕方がなかったとしても、発言のあの短さはあり得ないように思います(全部合わせても1分程度?)。

これまでたびたび、クローズアップ現代などでNHKに協力してきましたが、今日を限りにNHKに出演することは止めようと思いました。いずれにせよ、私にとっては大変残念な番組でした。ご迷惑をおかけしたであろう多くの方がたにこの場をかりて、お詫びを申し上げたいと思います。

トピックス

ランキング

  1. 1

    元日テレ社員 イッテQの裏を解説

    AbemaTIMES

  2. 2

    日露の歴史を知らぬ政治家に驚き

    鈴木宗男

  3. 3

    所得1千万円で滞納 公務員がグチ

    キャリコネニュース

  4. 4

    飲み会に嘆き 行っても結局孤立

    キャリコネニュース

  5. 5

    「韓国が和紙代用品」議員が警鐘

    赤池 まさあき

  6. 6

    美智子さま 眞子さまに厳重警告

    NEWSポストセブン

  7. 7

    昭和天皇の素顔 孫に祝い3000円

    文春オンライン

  8. 8

    原油供給過剰 アジア減速が影響

    ロイター

  9. 9

    科学に警鐘 顔ぶれが示す深刻さ

    畑恵

  10. 10

    BTS炎上にみる韓国の被害者意識

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。