記事

逆風の業界、ゼロからの出発でなぜ起業に成功したか

事業に失敗しないための 起業家宣言
事業に失敗しないための 起業家宣言 [単行本(ソフトカバー)]

スタッフが机に置いてくれた封筒を見ると、北海道の小室雄次さんからのものでした。封を開けると「事業に失敗しないための起業家宣言」というタイトルの書籍が入っていました。目を通すと、マーケティング・コンサルタントの小室さんが、顧客ゼロから起業10年で売上高20億円の事業を切り開いた実績をベースにお書きになった、ほんとうに分かりやすい起業戦略の本でした。

本の帯には「生き残るのは20社中1社」とありますが、小室さんがチャレンジされたのは、ブームで参入したものの倒産ラッシュ、また赤字を抱え瀕死の企業が結構多い太陽光事業です。買い取り電力価格が低下する逆風のなかで、よくも事業を軌道に乗せられたものだと感心します。やはり対象顧客をどこに絞るか、またどのような構えで、なにを強みとして事業を展開するのかの狙いが良かったのでしょう。まさに、「事業に失敗しないためのビジネスモデル構築ポロセス」を示し、また逆風の業界にあっても起業を成功させたサムシングが感じられる一冊です。

画像を見る
太陽光発電、早くもブーム去りラッシュ…瀕死状態で「不況業種」入りの兆候 | ビジネスジャーナル :

著者の小室さんに、お目にかかったのは北海道大学で「マーケティングは戦闘か、恋愛か」の演題で講演した時のことです。ブログで確かめると2010年の夏でした。北大で教鞭をとっていた同級生が設定してくれた講演会でした。
マーケティングは戦闘か、恋愛か :

小室さんは講演を聴きにこられていたのですが、紹介され、翌日、札幌市内の眺めのいい素敵なオフィスにお伺いし話を伺うと、奇遇というか、仕事が重なっていた時期がありました。小室さんは、ソニー・マーケティングご出身で、ビデオテープやカセットテープの販売やマーケティングに携わっていらっしゃいました。ちょうどその頃、富士フイルムのAXIAのマーケティングのお手伝いをしていたので、ライバル関係にあったわけですが、仕事を離れれば互いにノーサイドです。むしろ、同じグラウンドで競い合ったことのほうがを懐かしく感じられました。その頃はもう事業をはじめていらっしゃったようです。

読む進むと、やはりマーケティングの仕事に携わっていらっしゃっただけに、考えかたで基本を外されていません。事業はやってみなければわからないことばかりです。しかし、構想の筋が悪いとか、致命的な矛盾や欠陥があれば、起業するまえから失敗しているのも同然です。より的確な狙いを発想するためには、マーケティングの基礎的な考えかたが役立ってきます。

いまさら、マーケティングの何を学べばいいのか、専門書は難しそうだという方。ビジネスには「絶対売れる」法則などなく、そう歌っているハウツー本は役立ちそうにないと感じるカンのいい人にはおすすめです。

あわせて読みたい

「広告・マーケティング」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。