記事

沖縄県警、高江の抗議男性を「ひき逃げ」するも否認 マスコミは追随

画像を見る
Aさんが警察車両に はねられた 直後。運転手(機動隊員)は車両から降りることもなく去って行った。=昨年7月21日午後6時49分頃、高江 撮影:筆者=

 事件は田中の目の前で起きた。事実はマスコミ報道とは違う。

 高江のヘリパッド建設に抗議する住民・市民が警察車両を取り囲んでいた最中に事件は起きた。昨年7月21日のことだ。N1ゲート前の強制排除を翌日に控え、現地は緊迫していた。

 Aさん(40代男性)が警察車両のほぼ正面に座り込んでいたところ、車両がいきなり発進した。警察車両にはねられたAさんは短い悲鳴とともに地面(道路)に倒れた。

 運転手(機動隊員)は、当然Aさんをはねたことも、Aさんが倒れたことも知っていた。だが、車両から降りてAさんを見ることもなかった。救護することもなく、救急車を呼ぶこともなく走り去った。

 道路交通法第72条で規定されている「負傷者救護義務」違反、「ひき逃げ」である。一般人であれば懲役5年以下あるいは罰金50万円以下に処せられる。

 Aさんは救急車で病院に運ばれ、全治1週間の頸ついねん挫と診断された。

画像を見る
沖縄平和運動センターの山城博治議長たちが、警察による「ひき逃げ」に猛抗議した。=昨年7月21日午後7時22分頃、高江 撮影:筆者=

 Aさんは名護署に対して幾度も足を運んだり電話をかけるなどして事実関係を調べるよう要請した。

 警察が現場検証をしたのが8月31日。ひき逃げ事件から40日後だ。それからさらに50日後の10月11日、Aさんは名護署に呼び出される。

 名護署は車両を運転した機動隊員の所属と氏名を明らかにした。機動隊員を「自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)」で書類送検した、ということだった。

 警察は「過失」で処理したのだ。「ひき逃げ」を認めなかったのである。

 マスコミは当然のごとく警察発表の通り「自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)で書類送検」と報道した。救護せずにそのまま去って行ったことは一切触れていない。警察に都合の悪い事実は、一言も書いていないのだ。

 沖縄県在住のAさんは田中龍作ジャーナルの電話取材に「『ひき逃げ』であることをこれからも訴え続けていく」と語った。

    ~終わり~

『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「沖縄問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  5. 5

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  6. 6

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  7. 7

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  10. 10

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。