記事

トランプ氏には在日米軍は日本の傭兵だと見えるのだろう

壁を作るのはアメリカの勝手だろうと思うが、壁を作る費用をメキシコに負担させるというトランプ氏の恫喝のやり方にはうんざりする。

ストレートな物言いを歓迎する人もいるようだが、力づくでメキシコを攻め立てているような印象が強過ぎて、トランプ氏は今後メキシコの地を踏めなくなってしまうのではないか、と心配している。 不法入国者の取り締まりや犯罪者の取り締まりを強化することには問題はないが、トランプ氏の性急なやり方は如何にもメキシコとの国民を見下しているような印象があり、このままではアメリカとメキシコの間に軍事衝突やちょっと修復できそうにない深刻な対立を引き起こす虞がある。

トランプ氏は大変なトラブルメーカーになるな。
トランプ氏の大統領就任で、アメリカはまたまた経済的にも軍事的にも弱くなっていくんじゃないかしら。

そういう危惧が段々本物になって行っている。

思い付いたことはすぐ行動に移す人のようだから、日本も格段に困った立場に追い込まれる。
力づくで何でも通そうとしているから、トランプ氏はあちこちで敵を作るはずだ。

日本に対してもどんどん攻めてくるはずだ。
日米経済摩擦の再燃は必至だろうし、日本に対しての在日米軍の駐留経費全額負担も要求してくるはずだ。
メキシコとの応対を見ていると、相手の言い分には全く耳を傾けないで、力づくで自分の要求を押し通そうとするところがある。

イエス オア ノー、と力づくで強引に迫ってくる可能性が強いから、交渉相手としては、タフと言うか嫌な相手、頭でっかちの頑固者といったところだ。
話が通じない相手にはいくら話しても無駄だから、メキシコの大統領のように、今の段階では会談しないという選択をするしかない。

トランプ氏に何かを期待しても無理だろう、と覚悟するしかなさそうである。

期待しなければ、失望することもない。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  2. 2

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  3. 3

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  4. 4

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  5. 5

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  6. 6

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

  7. 7

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  8. 8

    久米宏ラジオ終了 ネット注力か

    女性自身

  9. 9

    拉致被害者の救出には改憲が必要

    自由人

  10. 10

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。