記事

ザッカーバーグ氏が完敗した相手とは

今週初めに、FaceBookのCEO、ザッカーバーグ氏がハワイ・カウアイ島に購入した別荘用の広大な地所を巡って、中に点在して残る小さな区画14箇所の持ち主に強制的に売りに出させるための訴訟を現地で起こし、ちょっとした騒ぎになっていることを紹介しました。

この訴訟は、1850年代の古い制度のもとで払い下げられた土地が子孫に綿々と引き継がれ、権利者が膨大になっているので、一挙解決を目論んでザッカーバーグ氏側が仕掛けたものですが、法的な話はハワイ独特でややこしいので関心のある方は前回記事をご参照ください。

で、地元では相当な反発が起きていたようで、ついにザッカーバーグ氏が白旗を上げ、①訴訟を正式に取り下げる②こうした訴訟の際に地元民を助けるためにNative Hawaiian Legal Corporation(NHLC)に寄付をする③土地と文化を守る話し合いの場に着くーーことになったそうです。

どうやら、この急展開を主導したのは日本人移民の血を引く州議会下院議員のカニエラ・イン(Kaniela Ing)議員のようなのです。

画像を見る

ご覧のように若くてカッコいい。でも自身のホームページを見ると、大変な苦労人。貧乏から這い上がったとのこと。その彼が、世界6位の大金持ちをやっつけた構図が窺えて痛快です。

ザッカーバーグ氏の”白旗”を最初に報じたのは25日付けのBuzzfeed newsでした。彼からの文書をもとに、「ザッカーバーグ氏は訴訟を考え直す(reconsidering)と言っている」という見出しの記事を出しました。

それによると「ローカルコミュニティからの反応をもとに、訴訟手続きを考え直し、どうしたら前進できるかを議論している」「資産所有者の利益、ネイティブハワイアンの伝統の尊重、環境を守ることを我々は明確にしたい」「我々はカウアイ島を愛しており、このコミュニティの良きメンバーでありたいし、来るべき何世代にわたってこの地を守りたい」などとあったそうです。

この記事でザッカーバーグ氏側を非難した中心的存在として、前出のNHLCとともにIng議員が挙げられていたので、彼の発言を追って見ました。すると、相当に激烈な発言を、自身のFaceBookページで展開していました。非難相手が作ったツールを使うなんて、これも時代ですね。

例えばこうです。「札束を使って、ハワイの司法制度を曲げてまで地元住民に対するザッカーバーグのような大富豪を許すわけにはいかない」「ザッカーバーグに思い起こさせよう。ハワイでは他人に接するときはアロハの精神で話し合いファーストなのだと」「訴えてから話し合おうなんてありえない」

つまり、訴訟の取り下げがなければ何も進まないと主張したのです。それに止まらず、彼は州議会にザッカーバーグ氏のような行為を規制する新たな法案を提出するという声明を出します。それを伝えた地元メディアMaui Watchによると、さらに過激な表現で非難します。

「(かってサトウキビ農園で儲けた)sugar baronたちがハワイの土地を(脱法的に)何千エーカーも開発したのと同じように、ザッカーバーグは法の抜け穴を使っているのだ」

ここまで超有名人に向かって言い放てる人物に興味を持ちました。彼のホームページ情報を見て、ますます関心をそそられました。そのホームページ情報を中心にまとめてみます。

まずはその家系。祖母はポルトガルとスペインからの移民の子。祖父はDaniel Saitoという日本からの移民一世で、第二次大戦では日本人部隊で出征したそう。二人には3人の子供がいましたが、その一人がIng議員の母親で、父親はnative hawaiianですからIng議員は日本人の血が4の1のクォーターです。彼が12歳になる直前にホテルのウェイターだった父親が急死して、靴屋の店員だった母親と4人の子供の一家は貧窮します。

そこでカニエラ少年は14歳からパイナップル農園で収穫の仕事を始めます。朝4時からの過酷な作業だったとか。しかし、聡明な子供だったのでしょう、高校に進学し、さらに巨額のローンを借りてハワイ大マノア校に入学します。大学時代もアルバイトをする一方、州知事が大学予算を削ったことに対して学生代表のPresidentとして立ち上がり、4,000万ドルの予算を回復させたとも。

その後、マウイ島南部の故郷に帰り、勧められて、州議会議員選挙へ民主党から出馬します。その動機をこう綴っています。「私の島に、高校時代のチームメイトに、教会の友達、私の家族が最も助けを必要としていたときに、それを示してくれた友人に恩返しをするために決断した」

その選挙のやり方についてはこうだったと。「草の根選挙だった。家賃に充てるためフォーシーズンホテルに職を得て、朝の4時から正午までロッカールームと有酸素運動用の器具の清掃をやった。それから日没まで、近隣の人々の声を聞くためにドアをノックして回った。最終的には1万2千のドアをノックした」

そして、見事、23歳の下院議員誕生。そして現在28歳にして下院海洋資源・ハワイ問題委員会議長。ハワイ議会で最年少議長だそうです。相当なやり手とお見受けしました。

政治家ですから、誇張もあるでしょう。割り引いて見なければいけないかもしれませんが、少なくとも、両親とも医者という裕福な家庭に育ち、何の苦労もなくハーバード大に進んだザッカーバーグ氏との育ちの違いは際立っています。

そして、今回、苦学力行を経たバリバリの若手議員に、5兆円の資産を持つ、若手ナンバーワンの金持ちセレブが負けたって、まるで小説みたいな話なので、思わず、長々と書いてしまいました。

もしかすると、Ing議員、オバマ前大統領のような道を辿るかも、という微かな期待まで抱いちゃいそうです。オバマ氏もハワイ生まれのmixed bloodだし・・・

あわせて読みたい

「マーク・ザッカーバーグ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  6. 6

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  7. 7

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  8. 8

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  9. 9

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

  10. 10

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。