記事
  • ヒロ

朴槿恵大統領復権へのゲーム

今日の内容はご批判を頂くかもしれませんが、敢えてモノの見方としてぶつけてみます。

日本は韓国、朴大統領を復権させる工作をしてみたらどうか、というゲームです。

日本の外交の見地からすると朴大統領復権の方が有利だからです。多分、表立っては誰も考えていない発想だろうと思いますし、意表を突いています。ほとんどのメディアは韓国メディアの流れを受け継ぎ、朴大統領が弾劾裁判に至る「酷聞」にそうだ、そうだ、と手を挙げ、辞めろコールをしていることを当然の成り行きとして報じています。私は懐疑的に思っているのですが、あれだけ国民の反発があったにもかかわらず、それでも辞めない朴大統領はなにか思うところをがあるように感じるのです。

それは諜報戦に負けてはいけないという気構えではないでしょうか?

私は今回の一連の流れを見る限り北からの工作員が相当暗躍したとみています。好戦的な金正恩氏はロケットの打ち上げで気をそいでいる間に実は周到なマインドコントロールゲームを韓国に打って出ていないでしょうか?これならば誰も傷つけることなく政府転覆をはかり、北朝鮮に有利な政府を韓国に作り出し、北との融和策を引き出すことが可能であります。逆に言えば、北と南の関係が経済交流を含め、極めて冷たい状態になっていることへの対抗策であるとみています。

中国はそれを見て見ぬふりをするでしょう。朴槿恵大統領は四面楚歌に陥り、唯一の可能性だった日米からのサポートを得られなくしたのであります。日米は弾劾裁判にかけられた朴大統領を表立って支援することは外交上、不可能です。これでは北の手口にまんまと引っかかってしまったも同然なのであります。

さて、私は以前、朴大統領の弾劾裁判に関して弾劾は認められないだろうと予想しました。一方で朴大統領がその裁判で「勝利」した後、辞任するのではないか、と予想させていただきました。この点について今、もう一度考えてみたのですが、憲法裁判所が弾劾を否定する可能性はより高まっていると思う一方、朴大統領を辞めさせてはいけないのではないか、という気がしてきました。

今の状況ですと憲法裁判所の判断は3月にも出るのではないかとされています。シロとなれば朴大統領は大統領に復帰できます。この時点で日米が朴大統領を全面支援する体制を作り、北の工作への全面対決を打って出る必要があると思います。なぜなら朴大統領は18年2月までが任期であり、仮に復帰したとしても力を発揮できるのはせいぜい半年程度だからであります。その間に韓国世論を変えない限り来年迎えるであろう新大統領が何をしでかすか、わからないからであります。

一番怖いのは韓国国内の分裂であります。これは歴史的にしばしば起きていることだけに近い将来それが起きたとしても驚くべき事態ではありません。「またか」というレベルです。では何がここまで朝鮮半島をややっこしくさせているのか、ですが、血が違うのだろうと思います。満州系と韓国人です。それと歴史的に中国に近い半島の根元の方が「上位」になっていたこともあります。この辺りは非常に微妙なところですのでこれ以上は触れませんが、今回の問題も起きて当然の背景がそこにずっと存在しているということであります。

さて、これを受けた日本。ほとんどのメディアは韓国側のニュースの受け売りになっています。ニュースソースはほとんどが民意に沿った内容です。つまり真実が見えない状態です。

では誰ならそれが判断できるのか、ですが、韓国の裁判所だけは今のところ洗脳されていない気がします。一つにはサムスンの副会長の逮捕を認めなかったこと、一つにはチョン ユラ氏の不正入学に関し梨花女子大の前総長の逮捕状請求を棄却したこと、更には「帝国の慰安婦」の作者に無罪を言い渡したことなどは明らかに韓国世論を失望させ続けています。

また朴大統領が反撃を開始し、一連の疑惑について再び全面否定の姿勢を打ち出しています。

個人的には催眠術にかかっている韓国を目覚めさせることで日本の外交上の立場を保持できるようにしなくてはいけないと考えています。こんなことは私ごときが指摘しなくてもどこかですでに工作しているだろうと推測しますが、こういう視点を持つことも意味があるのではないかと思い、今日は皆様とシェアしてみたいと思った次第です。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「朴槿恵」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  5. 5

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  6. 6

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  7. 7

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  8. 8

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  9. 9

    箕輪氏 セクハラ疑惑で「暴言」

    文春オンライン

  10. 10

    ロイホ大量閉店 コロナの厄介さ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。