記事

ヤクルトが狙う“ジャイアンツ・キリング” - 赤坂英一

 大がかりな戦力補強を敢行した巨人に勝つチームはどこか? 去る18日、東京都内でヤクルトOB会総会と懇親会が行われ、元名捕手で監督も務めた古田敦也氏が挨拶に立ち、壇上で堂々とこんな怪気炎を上げた。

 「ジャイアンツが大補強をした年こそ、ヤクルトが倒してきた。1990年代がそうだったように、過去の歴史を見ても、意外にジャイアンツはコケると思います。今年はヤクルトがジャイアンツをやっつける姿を見たい」

 かつての「小さな大打者」、2001年の日本一監督・若松勉氏も珍しくこう吠えている。

 「(巨人は)同じポジションに(選手が)2人も3人もいて、多過ぎる。そういうチームは負けますよ。倒すチャンスはある」

 どちらも現役時代には巨人戦で無類の勝負強さを発揮し、2000本安打を記録して名球会入りした重鎮たち。ヤクルトの真中満監督や選手たちにはもちろん、ファンにとっても大変心強いエールだったと言えよう。

 古田氏が挨拶の中で強調した「1990年代における過去の歴史」とは、95年と97年の〝ジャイアンツ・キリング〟を指す。いずれも長嶋茂雄監督時代で、95年はFAで元ヤクルトの広澤克実、元広島の川口和久、新外国人で元ヤクルトのジャック・ハウエル、現役大リーガーだったシェーン・マックを獲得。が、フタを開けたら野村克也監督率いるヤクルトが優勝し、巨人は18ゲームも突き放されて3位に終わった。97年はFAで元西武の清原和博、新外国人で元ロッテのエリック・ヒルマンを引き抜いたが、やはりヤクルトにペナントをさらわれてしまい、巨人はなんと20ゲーム差でBクラスの4位に沈んでいる。

 当時のノムさんは、代名詞の「ID(インポータント・データ)野球」に加えて、「弱者の兵法」の勝利であると公言。「弱いものが強いものを食うことがあるから野球は面白いんや」と胸を張り、巨人の巨大戦力や強引な補強策に煮え湯を飲まされてきた他チームのファンの溜飲を下げさせた。古田氏や若松氏は、こういう年こそ〝大物食い〟を実現してほしい、と真中監督らを激励したわけだ。

抜け目なく補強した

 しかし、それではなぜ95年と97年のヤクルトは巨人に勝つことができたのか。実は、ヤクルトのほうも巨人に負けじと、しっかり抜け目なく補強していたからなのだ。

 95年は新外国人テリー・ブロスがエースとなり、14勝(5敗)を挙げ、最優秀防御率(2・33)のタイトルを獲るほどの安定感を誇った。シーズン終盤の9月には巨人戦でノーヒットノーランを達成し、巨人に引導を渡している。シーズン途中には前近鉄の吉井理人を交換トレードで獲得して、こちらも10勝をマーク。打線では前阪神のトーマス・オマリーが不動の4番に座り、自己ベストの31本塁打をはじめ打率3割2厘、87打点を記録。前ロッテのヘンスリー・ミューレンも29本塁打、80打点と勝負強さを発揮した。

 97年の最大の補強戦力は前広島の小早川毅彦だった。巨人との開幕戦で、「不沈艦」と呼ばれた平成の大エース・斎藤雅樹から3打席連続本塁打。自信を失った斎藤はこの年、6勝8敗と4年ぶりの負け越しと一桁勝利に終わり、大エースから一転、惨敗巨人の象徴的存在となった。また、オマリーに代わる新外国人ドゥエイン・ホージーも中軸に定着、38ホーマーで本塁打王となっている。この年の優勝もまた〝補強の勝利〟だったのだ。

 昨年の広島にしても、MVPの新井貴浩や「神ってる」鈴木誠也らの活躍ばかりで25年ぶりに優勝できたわけではない。セ・リーグ2位の37ホールドを挙げたジェイ・ジャクソン、19ホールドのブレイディン・ヘーゲンズと、中継ぎとして働いた新外国人投手2人の貢献度が大きかった。一昨年のヤクルトも、苦しい夏場に先発ローテーションの谷間を埋めた前ソフトバンクの新垣渚、山中浩史の粘投が14年ぶりの優勝につながっている。

 巨人ばかりが批判されているが、他球団は昨年足りなかった戦力をきちんと補充できているのか。補強の成否を問われているのは、巨人だけではない。

あわせて読みたい

「プロ野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。