記事

多分、指定席はどこにもない

都議会で新風自民党という新会派が出来たそうだが、新会派を立ち上げたから小池さんが応援してくれるはずだ、などとは思わないことである。 一人区で自民党の公認だからもう大丈夫、などと早合点をされないことだ。

多分新風自民党の皆さんは、踏み絵を踏まされることになる。

自民党の公認を返上しても小池さんと共に小池さんの東京大改革を推進する覚悟があるか、と問われた時に何と答えるか。
今は都民ファーストの会の方に適当な候補者がいないから殆ど波風が立っていないが、後1月もすると風向きも風景もガラッと変わっているはずである。

希望の塾であの難しい筆記試験に合格した人が300人以上もいたということになると、この300人以上の人は皆一廉の人物、人材だと思っていた方がいいだろう。
いざ選挙となるとさすがに怖気づく人が出てくるだろうが、それでも200人以上はやる気も実力もそれなりにある人だということになる。 小池さんにとっての最初の試練は1月29日に火蓋が切って落とされる千代田区長選挙だが、この千代田区長選挙で希望の塾の塾生は相当鍛えられるはずである。

選挙は、一度やればそれなりにコツを掴めるものだし、選挙には人を育てるようなところがあるから、千代田区長選の前と後では人が違う、ということもあるかも知れない。
一度も選挙を経験したことがない相手だったら蹴散らすことも出来るかも知れないが、たとえ他人の選挙の手伝いでも選挙を手伝ったことのある人の選挙はまったくの素人の手作り選挙とはかなり勝手が違う。

新会派を結成したといっても、自民党の公認を得て立候補するというのでは他の自民党都議団とは何の変りもない、ということになる。
都民ファーストの会から候補者を擁立すべきだ、という声が上がったら、ひとたまりもない。

うん、皆さんも決して安穏としていられませんね、というところである。
ご参考までに。

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  4. 4

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  5. 5

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  6. 6

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  7. 7

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  8. 8

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  10. 10

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。