記事

【読書感想】文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史

1/2

文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史 (コア新書)

文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史 (コア新書)

内容紹介
2016年に誕生30周年を迎えた『ドラゴンクエスト』シリーズ。
ドラクエの作者・堀井雄二は「物語を体験する」ゲームを作り続けてきました。
あるいは、あなた自身が主人公になることが出来る
文学を描き続けてきたとも言えるでしょう。
その試みは、実は村上春樹や、ライトノベルといった
日本のすべてのポップカルチャーの進歩と密接な関係があるのです。
いま、ドラクエが切り開いた新しい文学の地平への冒険が始まります。

 『ドラゴンクエスト』と日本、そしてゲームプレイヤーの30年史。

 僕はオンラインの『ドラゴンクエスト10』を除く、すべてのナンバリングタイトルをリアルタイムでプレイしており、『6』『7』『9』以外はクリアしています。

 この本の冒頭の部分を読みながら、これは野心的かつ興味深い論考だなあ、と思っていたんですよ。

 ドラクエは、80年代前半から2010年代の現在まで全10作がリリースされ、そのいずれもが100万本以上の売れ行きを見せています。最大のヒットを飛ばしたものになると、400万本以上売れています。

 今の日本で、400万本も売れているコンテンツは、なかなかありません。もしあればゲームに限らず、本でも、音楽でも、映画でも大ヒットだと言われるだろうし、優れた内容を持ったものとして世間も注目するでしょう。

 しかしゲーム作品の場合、数百万本売れたからといって、小説や映画並みの話題にはされないのが普通です。もちろんヒット作としてニュースになったりはするかもしれませんが、その内容がどんなものであるのかまでは、あまり一般には解説されないし理解もされません。そもそもニュースを見て、「そんなに面白いなら自分も遊んでみよう」と思う人だって、ファミコンが大ブームだった昔ならいざ知らず、今は減っているのではないでしょうか。

 一方で、ゲームが大好きなゲームファンなら、ゲームのことをべらぼうに高く評価するはずです。しかしそういう人たちは愛情ゆえに絶賛してしまったりもするので、それはそれで多少の問題がある見方だと言えるかもしれません。たとえばゲームを、映画や小説なんかよりも優れていると語ってしまったりします。別に、優劣で論じなくたっていいと思うんですけどね。

 僕自身も「ゲームはエンターテインメントとして、文学や音楽より低くみられているのではないか」と長年思っていたんですよね。

 それでも、インベーダーゲーム、カセットビジョンの頃の「テレビゲームは不良がやるもの」「暗い遊び」というようなイメージは、過去のものとなりました。

 僕が中学生の頃は「テレビゲームはマニアックな男子がやるもの」だったのに。

 今は、ゲームが趣味なんていう若い女性も全然珍しくはないし、ある意味「たった30年で、ここまで文化として認知されてきた」と考えるべきなのかもしれません。

 先日の『2016 M-1グランプリ』で、ハライチがコンピュータRPGをネタにしていました。あれがゴールデンタイムの人気番組で通用する時代になったんですね。

 僕みたいに、子どもの頃からテレビゲームに親しんできた人間が、それなりの年齢になって、社会を運営する側になってきた、ということもあるのでしょう。

 著者も触れていますが、現在のライトノベル作品の設定をみると、『ドラゴンクエスト』をはじめとする「コンピュータRPG」は、若者たちの「基礎知識」になっているのです。

 そして、『ドラゴンクエスト』の特徴は「日本ではものすごく売れているのだけれど、海外ではそんなに盛り上がっていない」ことなんですよね。

 たとえば2009年発売の『ドラゴンクエスト10 天空の守り人』は日本国内で430万本以上売れています。しかしこれが世界市場になると、各国を合わせても105万本です。つまり、明らかに海外より日本で売れている。

 海外でもそれだけ売れていれば十分だと思うでしょうか?しかしたとえば、同じ2009年に発売された『ファイナルファンタジー8』(スクウェア・エニックス)は、日本で190万本以上、海外だと660万本以上を売り上げています。2006年発売の『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』(任天堂)は日本では60万本ですが、世界で880万本以上売れています。

 だいたいドラクエは、1990年に発売された『ドラゴンクエスト4 導かれし者たち』までは海外でも発売されましたが、その後は2000年発売の『ドラゴンクエスト7 エデンの戦士たち』まで、海外版が作られませんでした。もし海外でもヒットしているシリーズだったなら、そんなことありえませんよね。

 『ドラゴンクエスト』って、『ファイナルファンタジー』シリーズよりも「万人向け」だと僕は思っていたのですが、実は「日本人の琴線に触れる」ゲームみたいなのです。

 なんでこんなに海外では売れないのか、疑問ではあるのですが。

あわせて読みたい

「ドラクエ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  2. 2

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  3. 3

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  4. 4

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  5. 5

    ジョンソン英首相の心に響く手紙

    青山まさゆき

  6. 6

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  7. 7

    英首相の容態安定 肺炎診断なし

    ロイター

  8. 8

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  9. 9

    医療崩壊防ぐには軽症者解放せよ

    小林よしのり

  10. 10

    配達物もコロナに汚染? 米で懸念

    島田範正

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。