記事

カナダ、メキシコ援護より対米貿易維持を優先=NAFTAで政府筋

[カルガリー(加アルバータ州) 24日 ロイター] - カナダ政府は北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉に当たって米国との通商関係の維持を優先する意向で、トランプ米新政権の非難の矢面に立たされているメキシコを苦境から救うことは二の次と考えていることが、政府筋の話で明らかになった。

カルガリーで開かれている閣僚会議に合わせて1人の政府関係筋は、「メキシコの友人たちを大事に思っているが、国益が最優先で、友好関係は2番目だ」と述べた。ただ、「その2つが相いれないわけではない」と続けた。

トランプ大統領は22日、カナダとメキシコ両国の首脳と近く会談し、NAFTAの再交渉を始める方針を表明。

政府筋によると、トランプ氏がどのような立場で交渉の席につくかが不明であるため、カナダ政府はこれまでのところ再交渉に向けての最終的な方針を決定していないという。

カナダはメキシコを見捨てることはないというのが政府の公式見解で、フリーランド外相は24日、同国はNAFTAを3国間協定として支持したとの立場を示し、トルドー首相が前週末にメキシコのペニャニエト大統領と協議したことを明らかにしていた。

ただ、政府筋は再交渉に当たって2国に共通点はほとんど見いだせないだろうと指摘する。トランプ大統領は対メキシコ貿易赤字が膨らんでいることに不満を表明しており、メキシコに製造拠点がある企業に制裁を科す意向を示している。

2人目の政府筋は、「われわれの交渉での立ち位置は全く違う。メキシコは高層ビルから宙吊りにされているようなものだ」と述べた。

事情に詳しい政府関係者によると、メキシコとカナダの間で、NAFTAをめぐり協力して米国に対抗するという話は出ていないという。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  9. 9

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。