記事

カナダ、メキシコ援護より対米貿易維持を優先=NAFTAで政府筋

[カルガリー(加アルバータ州) 24日 ロイター] - カナダ政府は北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉に当たって米国との通商関係の維持を優先する意向で、トランプ米新政権の非難の矢面に立たされているメキシコを苦境から救うことは二の次と考えていることが、政府筋の話で明らかになった。

カルガリーで開かれている閣僚会議に合わせて1人の政府関係筋は、「メキシコの友人たちを大事に思っているが、国益が最優先で、友好関係は2番目だ」と述べた。ただ、「その2つが相いれないわけではない」と続けた。

トランプ大統領は22日、カナダとメキシコ両国の首脳と近く会談し、NAFTAの再交渉を始める方針を表明。

政府筋によると、トランプ氏がどのような立場で交渉の席につくかが不明であるため、カナダ政府はこれまでのところ再交渉に向けての最終的な方針を決定していないという。

カナダはメキシコを見捨てることはないというのが政府の公式見解で、フリーランド外相は24日、同国はNAFTAを3国間協定として支持したとの立場を示し、トルドー首相が前週末にメキシコのペニャニエト大統領と協議したことを明らかにしていた。

ただ、政府筋は再交渉に当たって2国に共通点はほとんど見いだせないだろうと指摘する。トランプ大統領は対メキシコ貿易赤字が膨らんでいることに不満を表明しており、メキシコに製造拠点がある企業に制裁を科す意向を示している。

2人目の政府筋は、「われわれの交渉での立ち位置は全く違う。メキシコは高層ビルから宙吊りにされているようなものだ」と述べた。

事情に詳しい政府関係者によると、メキシコとカナダの間で、NAFTAをめぐり協力して米国に対抗するという話は出ていないという。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  2. 2

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  3. 3

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  4. 4

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  5. 5

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  6. 6

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  7. 7

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  8. 8

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  9. 9

    「河野首相だけは絶対に阻止すべし」自民党の実力者4Aが密約を交わした残念すぎる理由

    PRESIDENT Online

    09月18日 10:48

  10. 10

    仏、給食費未納問題、正しいアプローチは

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    09月18日 12:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。