記事

「イラクの石油は国民のもの」、首相がトランプ米大統領発言受け

[バグダッド 24日 ロイター] - イラクのアバディ首相は24日、トランプ米大統領が米国はイラクの油田を手に入れておくべきだったと発言したことを受け、「イラクの石油は国民のものだ」と述べた。

米ニュースサイトのハフィントンポストによると、トランプ大統領は21日に行った米中央情報局(CIA)当局者向けの講演で、米国は2003年のイラク侵攻時に同国の油田を確保しておくべきだったと示唆。過激派組織「イスラム国」(IS)の資金源であるイラクの石油を米国が先に確保しておけば、ISの台頭は防げたとの考えを示した。

アバディ首相は記者会見で、トランプ大統領の発言について問われると「意図する内容が明確ではない」とした上で、「イラクの石油は本来、イラク国民のものだ」と語った。

また、トランプ大統領からイラクへの支援を強化する提案を受けたことを明らかにした。支援の内容には触れなかった。

あわせて読みたい

「イラク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  2. 2

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  3. 3

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  4. 4

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  5. 5

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  6. 6

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

  7. 7

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  8. 8

    久米宏ラジオ終了 ネット注力か

    女性自身

  9. 9

    拉致被害者の救出には改憲が必要

    自由人

  10. 10

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。