記事

「文科省天下り問題、霞が関の総点検を早期に」野田幹事長

https://gyazo.com/7b57cea54ff145f51d2ea54faa5b3c55  

野田佳彦幹事長は23日夕、定例記者会見を国会内で開き、午後に行われた衆院本会議での代表質問と安倍総理の答弁について感想を述べた。

 野田幹事長は、大串博志政調会長が取り上げた文部科学省の天下りの問題について、「報道によると政府は3月くらいまでに実態解明をすると聞くが、調査はしっかりと早くやってほしい。安倍総理は、全省庁に対しても解明の指示をしたという。霞が関すべてを対象に総点検をし、その結果を早急に明らかにしてもらいたい。少なくとも本予算の国会審議をしている間に、この議論を実態を踏まえて行うべきだ」と早期の全容解明を強く要請した。

 「共謀罪」について、総理が「国際組織犯罪防止条約が締結できないと東京五輪にも支障がある」などと述べた点については、「それほど重要な条約を日本が締結できていなくて、なぜ東京に五輪を招致できたのか。国際組織犯罪防止条約と、『共謀罪』を含む国内法の整備との関連がそもそも分からなくなって来ている。条約締結の要件として、ほんとうに『共謀罪』が入っているのか。関連性が明らかになっていないので、精査しなければならない。オリンピックの成功、テロの防止は誰も反対しないが、(『共謀罪』を含む国内法の整備と、条約締結の)議論が直結しているのかよく吟味したい」と表明した。

あわせて読みたい

「野田内閣」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  2. 2

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  3. 3

    霞ヶ関は人気のない職場……で良いのか

    大串博志

    04月17日 08:09

  4. 4

    マクドナルド、ワタミの取り組みにヒント?正念場を迎える対消費者ビジネス

    大関暁夫

    04月17日 12:37

  5. 5

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

  6. 6

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  7. 7

    「学校は無理に行くところじゃない」と現役教員が思う理由

    不登校新聞

    04月17日 14:49

  8. 8

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  9. 9

    なぜ今なのか-処理水放出と少年法改正

    階猛

    04月17日 09:13

  10. 10

    名ばかりのオリンピックになっても「開催出来れば、それで成功」

    早川忠孝

    04月17日 18:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。