記事

信頼できる医療情報を提供したい~東大出身脳外科医がベンチャーに転身した理由

1/2

不正確な医療情報がネット上に多数掲載されているとして波紋を呼んだ「WELQ(ウェルク)」問題。信頼できる医療情報を提供しようと奔走する元脳外科医がいる。

メドレー代表の豊田剛一郎氏は東京出身の32歳。開成中学・高校から東京大学医学部に進学し、脳外科の勤務医になったあとアメリカへ渡り、マッキンゼーに転職したという異色の経歴を持つ。ヘルスケア企業へのコンサルティングなどに携わったのち、メドレーに参画し、医療情報サイト「MEDLEY」を立ち上げ(2015年~)、医療機関の遠隔診療導入を支援する「CLINICS」を提供している(2016年~)。

医師の道からビジネス界に進出した豊田氏の本懐とは? 豊田氏と田原総一朗氏の対談、完全版を掲載します。

画像を見る

脳科学の本がきっかけで医学部へ

【田原】豊田さんは医者からビジネスの世界に転身した。そもそも医者になろうと思ったのはいつごろですか。

【豊田】もともと親戚に医者がいて医療は遠い存在ではなかったのですが、高校生のときに脳科学の本を読んで心が躍り、医学部に行きました。

【田原】脳の話に心が躍る?

【豊田】人間は脳の7%くらいしか使っていないという本を読んだのです。パソコンにたとえると、ハイスペックなのにEメールしかやっていない状態です。人間の腕は2本ですが、脳の容量でいえばあと10本増えても自在に動かせるらしいんですよ。あと、人間は悲しいときに泣きますよね。でも脳科学的にいうと、あれは悲しいから泣くという因果関係ではなく、別の根源となるものがあって、それが悲しいという感情や泣くという行為を並行的に引き起こすのだそうです。こうした話を本で読んで、脳を一生研究する人生もおもしろいんじゃないかと。

【田原】卒業後は脳外科医になった。

【豊田】医学部で実習に行ったら、外科の先生たちがかっこよくて。医者だけど、職人的なところがあるんですよね。

【田原】外科医は技術者ですよね。どちらかというと、芸術家に近い。

【豊田】そうなんです。料理も極めると最後は芸術の域に入りますが、外科も似たようなところがあります。実際、芸術家肌の先生が多いです。それに憧れて、脳外科の研修医になりました。

研修医はキツイが、成長できる

【田原】研修ではどういうことをやるのですか。

【豊田】研修医は初期研修医と後期研修医の2つがあります。初期は2年間で、さまざまな診療科を1~2カ月ごとに回って見習いをします。1~2カ月程度では専門的なところまではわかりませんが、どのような症状のときにどの診療科に任せるかとか、その診療科の最前線の治療はどうかといった最低限の知識は身につきます。その後、自分で選んだ診療科で、後期研修医として働くことが多いです。

【田原】豊田さんはどこの病院で脳外科の研修医になったのですか。

【豊田】NTT東日本関東病院です。毎日手術の準備をしたり、救急外来の業務をやったりで、ひたすら働いていました。当直は、多い月で10回、少なくても6~7回。当直は夕方の5時から翌朝8時までなのですが、当直当日は朝から病院で働いているし、当直が明けてもそのまま夜まで働きます。

【田原】えっ、いつ寝るの?

【豊田】基本的に寝られません。患者さんが元気で異常がなかったり、救急外来で救急車が来ないときに当直部屋や診察室のベッドで仮眠するくらいですね。初期研修のときに最高で月の半分くらい病院で寝泊まりしたことがありますが、さすがにそのときはきつかったです。

【田原】医療現場は、若手医師の犠牲のもとに成り立っているんですね。

【豊田】はい、自己犠牲です。ただ、若手にとっては経験を積めるメリットがあります。当直中に救急で危険な状態の患者さんが運ばれてきたのに、医者は自分1人しかいない。はたして夜中に上司をたたき起こすべきか、自分で対処すべきか。そうした決断も含め、たくさん修羅場を潜ることで技術的にも人間的にも成長できます。

【田原】責任重大ですね。自分の判断しだいで患者の生命が左右される。

【豊田】怖いですね。入院させずに帰した患者さんが翌朝もう1回来院したこともあります。臨床の現場に計4年半しかいなかった私ですら苦い思い出が何件かありますから、長く医者をやっている先生の中には、医師免許を失うのではと思うくらい怖い経験をされている方も少なくないと思います。

【田原】後期の研修は何年ですか。

【豊田】はっきり決まっていなくて、専門医の資格を取るまでが後期研修医です。脳神経外科の場合は、受験するのに5年の経験が必要。前期2年、後期5年目で受験できて、合格すれば7年目に専門医の資格を取れます。

最先端の医療をやるためにアメリカへ

【田原】専門医の資格を取る前に渡米される。これはどういうことですか。

【豊田】もともとアメリカで脳外科医をやりたいと考えていました。アメリカでは、日本で行われていない脳外科の手術もできる可能性があるので。

【田原】たとえば?

【豊田】例えば、うつ病の手術ですね。うつ病では、セロトニンなどの物質が足りなくなります。そこで脳内のセロトニンを出す場所の近くに電極を埋め込み、少し刺激してあげる。するとセロトニンが出て、症状がよくなります。アメリカやカナダだと、こういった手術ができるんです。

【田原】最先端の医療をやりたくてアメリカに行ったわけだ。

【豊田】そうですね、脳外科はおおざっぱにいって、腫瘍や血管の手術をやりたい人と、外科的アプローチで脳の機能を治療、研究したい人がいて、私は後者をやりたくて渡米しました。

【田原】外科的アプローチで研究するって、どういうこと?

【豊田】研究を進めると、将来はたとえば動く義手や見える義眼をつくれる可能性があります。いま「右手で握れ」と念じたら右手が動きますよね。念じたときの脳波を計測して電気信号に換えれば、それに合わせて動く義手ができるかもしれない。目のほうも、光の情報を電気信号に変えて視覚野に送ると、直接見えるわけではなくても、ものが認識できるかもしれない。視覚野に送るときは、頭がい骨を外して脳の表面に電極のシートを直接置く手術をします。そういった手術をアメリカで学んで、将来的には日本に持って帰れたらと思ってました。

【田原】なるほど。アメリカでは、どこの病院に?

【豊田】ミシガンの病院で研究をしていました。外国人医師は、まず研究をして実績をつくり、それをひっさげて病院にアプライするのが普通なので。

【田原】何を研究していたのですか。

【豊田】てんかんの治療にからめて、音素と脳の関係を研究していました。音素の研究は、動く義手と似ています。ある音素を発音したときの脳波を調べることで、将来は声を失った人がスピーカー越しに話せるようになるかもしれない。実現できればおもしろいですよね。

なぜ、マッキンゼーに行ったのか

【田原】ミシガンの病院には何年いらしたのですか。

【豊田】1年半です。その後はコンサルティング会社のマッキンゼーに転職しました。

【田原】そこを聞きたかった。プロフィールを見て驚いたのですが、どうして医療の世界からいきなりマッキンゼーに行ったのですか。

画像を見る

メドレー代表・豊田剛一郎氏

【豊田】医師になってから、アメリカで学びたいという気持ちが募る一方で、日本の医療はこのままでは危ないのではないか、放ったままアメリカに行っていいのかという思いがどんどん強くなりました。ちょうどアメリカに行く前にマッキンゼーの人と知り合って、「医療を変えたいなら、うちにこないか」と誘われまして。渡米する前に筆記試験、渡米後に面接を受けたら採用が決まって、転職したという流れです。

【田原】ちょっと待って。少し整理させてください。まず、日本の医療が危ないというのはどういう意味ですか。

【豊田】システムとして破綻しています。いま医療費は約40兆円です。そのうち約4割が税金、約半分が我々の支払う保険料で賄われています。患者さんが払うのは4兆円で、全体の10分の1です。今後、高齢者の増加で医療費は間違いなく膨らんでいきます。一方、それを支える現役世代は減っていく。では、システムを維持するために、若い人の給料から年間数百万円も取ることが許容されるのか。それは無理ですよね。このままではいずれ立ち行かなくなる仕組みなのです。

日本の医療はもう限界だ

【田原】少子高齢化だけじゃなく、医療技術が高度になってお金もかかるから、二重三重に厳しくなりますね。

【豊田】現場も限界です。昔は、ある病気を治すにはこの薬というように治療法も限定されていたのですが、いまは検査や治療法の選択肢が増えて、昔の何十倍も覚えなきゃいけないことがある。IT化で昔より効率化されている部分もありますが、それ以上のスピードで仕事量が増えています。

【田原】医療の問題は昔から指摘されていました。なぜ改革できないんだろう。

【豊田】結局、正解がないのです。たとえば医療費でいえば、「現役世代はこれ以上負担できないから高齢者の医療は打ち切れ」という人もいれば、「医療はお金に関係なく最高のものを多くの人に提供すべきだ」という人もいる。みんなが同じ価値観で動けないから解決策も打ち出せない。

【田原】正解がないといえば健康寿命の問題もある。これまで医者の役割は、患者の寿命を少しでも延ばすことでした。しかし、実際に寿命が延びると、健康じゃないのに生きているだけでいいのかという問題が出てきた。最近は胃ろうを断る人も増えています。

【豊田】昔は医療でできることをすべてやることが患者さんやそのご家族の幸せとイコールでした。でも、医療が進歩した結果、そこにズレが生じてきた。脳外科にいると、手術で意識はなくなるけど命は助かるというケースに直面することがあるので、その問題はいつも考えていました。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    宗男氏 共産党議員に厳しく対処

    鈴木宗男

  5. 5

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  6. 6

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  7. 7

    「北九州第2波」の表現は大げさ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    木下優樹菜が復帰できない事情

    文春オンライン

  9. 9

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  10. 10

    なぜ朝日新聞は誤報を繰り返すか

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。