記事

THAAD配備、北朝鮮の核の脅威迫り遅延できず=韓国大統領代行

[ソウル 23日 ロイター] - 韓国の黄教安(ファン・ギョアン)大統領代行(首相)は23日、北朝鮮による核ミサイルの脅威が高まるなかで、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備が先延ばしになることは容認できないとの見方を示した。

黄氏は「(北朝鮮は)自国の核能力を増大させ、核兵器の製造技術を高めてきた。核兵器の小型化も行っている」と指摘。「今や北朝鮮の核問題解決に向けて話し合っている場合ではない」と述べた。

THAAD配備における中国との対立については、黄氏は「いくらかの懸念」があるとし、対処する時間がより必要と言及。

「韓中関係は一朝一夕でつくられたものではない。国交開始以来、両国は多岐にわたる協調に従事してきた」と語った。

あわせて読みたい

「THAAD」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  3. 3

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  4. 4

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  5. 5

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  6. 6

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  7. 7

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  9. 9

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  10. 10

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。