記事

「日本の魚・漁業が危ない!」と言われて、ピンとくる人はどれくらい?世界標準の資源管理で、魚を救え

1/2

こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。

本日は主催しているオンラインサロン「宇佐美典也とおときた駿のあえて政治の話をしよう」の勉強会でした。ゲストはメディアですっかりお馴染みの、築地仲卸三代目の生田よしかつさん。

画像を見る

会の後半ではいつものように(?!)豊洲市場移転問題や小池都政の是非について激論が交わされたのですが、実は生田よしかつさん、漁業の資源管理について著作も出している「水産資源管理のプロ」でもあります。

一般社団法人シーフードスマートの代表理事も務めておられ、そこで前半部分では、多くの方にはあまり馴染みのない水産資源管理についての講演をしていただきました。

画像を見る

なんとなく危機感が伝わってくる農業と異なり、「漁業」に対して常日頃から危機感や関心を持っている方は少ないのではないでしょうか?

そんな中で、

「マグロが食べられなくなる!」

などの、センセーショナルな話題だけがメディアでひとり歩きをしたりするのですが、わが国の漁業・水産資源管理は危機的とも言える状況です。

画像を見る

※引用する資料の著作権はすべて生田よしかつさん、シーフードスマートに帰属します

日本の漁業の生産高は昭和59年をピークに下がり続け、500万トンを切るところまで行っています。世界一豊かな漁業を排他的経済水域(EEZ)内に持つ漁業大国にわが国に、一体なにが起こっているのでしょうか?

その最たる要因の一つが、乱獲による魚の減少です。

画像を見る

例えば、獲る時期によって体重が何十倍も異なるマグロが、ほとんど成熟していない0歳魚のうちに漁獲されてしまっています。体重の少ない若い魚は単価も低く、漁獲しても利益にはなかなかつながりません。

その単価の低さをカバーしようと思えば、「量」で勝負するしかありません。その結果、大量のマグロが漁獲されることで、その数は激減していく悪循環をたどるわけですね。

若いうちに焦って獲るのではなく、数年間寝かせた後に漁獲すれば、文字通りケタ違いの漁獲金額を獲得することができます。

あわせて読みたい

「漁業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    生活保護のしおりに誤解招く表現

    藤田孝典

  2. 2

    日本人が言わない「遺伝の影響」

    橘玲

  3. 3

    親日の美人議員 文大統領を批判

    高英起

  4. 4

    照射問題に沈黙の立民理解できぬ

    城内実

  5. 5

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  6. 6

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  7. 7

    元人気女子アナが韓国政府を批判

    高英起

  8. 8

    サマソニでトリ B'z批判は的外れ

    常見陽平

  9. 9

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  10. 10

    女性皇族認めない承継儀式に疑問

    小宮山洋子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。