記事

「会社員メールに萌える」匿名ブログが話題に 「型が強烈であればあるほど、そこからはみ出てくる個性に萌える」

いまや仕事に欠かせないメールですが、これに「萌える」という人がいるから驚きです。しかも単なるビジネスメールではなく「社員からのメール」が大好物で、休日に「じっとり眺めている」というのです。

1月13日、はてな匿名ダイアリーに「会社員メールに萌える」という記事が投稿されました。その萌えポイントを並べた文章に、意外と共感させられる人が続出。はてな匿名ダイアリーの「週間おもしろ1位」になり、投稿から1週間経とうとする今も、550以上ついたブックマークはじわじわ増え続けています。(文:篠原みつき)

「滲み出る自意識。思いやり。苛立ち」

投稿した人物は、どんな仕事か年齢も性別も明らかにはしていませんが、プライベートより断然、仕事のメールが楽しくてしかたがないとのこと。それも、フリーの人よりも「会社員のメールが最高だ」といいます。

「会社員のメールは『ちゃんと』してなくちゃいけない。端的に要件を伝えるべしというルールも共有している」とした上で、醍醐味をこう語ります。

「その強固な型があってなお、滲み出る自意識。思いやり。苛立ち。威嚇。同情。軽蔑。真摯さ。型が強烈であればあるほど、そこからはみ出てくる個性に萌える。あと、基本的にみんな失礼のないようにしてるはずなんだけどそれがうまくいってないほど萌える」

なるほど。会社員といえば会社を代表して伝達や交渉をするわけで、「簡潔に、明瞭に、礼儀正しく」という基本、つまり「強固な型」を踏まえた上で、それを行なわなくてはなりません。しかし、そんな制約がありながら、分かってしまう個性や感情がある。投稿者は、文章からそれを読み取ることを無上の喜びとしているわけです。

さらに、「まったく改行できないお偉いさん」なんか最高だし、「行間でなんか醸し出してくる手練れもいてドキドキする」と微細な萌えを語り、「『よろしくお願いいたします』を『宜しくお願い致します』って書く人は大抵いい人」など、漢字の使い方や文体から、相手の性格や能力まで独自の分析をしています。仕事中にも関わらず余裕があるなと感じる一方で、色々見抜かれていると思うと恐ろしい気もします。

会社の仕事を10倍楽しくなる? あなたも社員メールで萌えてみよう

しかし、内容は「よくできたビジネスメールあるある」とも受け取れます。はてなブックマークのコメントは、共感する人が次々とコメントを寄せました。

「おそらくスーツ萌えと似たようなジャンル」
「お世話になっております。っていう出だしじゃなくて、いきなり 佐々木です。とかいう出だしで来る人まじどきっとする」
「言葉は人の生まれ育ちを表し、文体・文章は人の生き様を表す」

中でも、清少納言の「枕の草紙」を応用し人気コメント一位になったこちらは秀逸です。

「メールは会社員。やうやう白々しくなりゆく時候の挨拶、すこし間をあけて、苛立ちたる本題の細くたなびきたる」

これをみると、メール萌えを披露した投稿者の文章は、「春はあけぼの…」と四季の美しさを讃えたこの古典にちょっとだけ似ていると気づかされます。ゆるく自分勝手に萌えポイントを挙げているようでいて、じわじわと共感してしまう説得力と面白さがあるのです。

投稿者は「会社メールに萌えるようになってから本当に毎日たのしくて」と言いますから、会社の仕事がつまらなくて耐えられない人は、メール萌えに目覚めてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい:同僚のキーボードの音がうるさい

あわせて読みたい

「メール」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  2. 2

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  3. 3

    霞ヶ関は人気のない職場……で良いのか

    大串博志

    04月17日 08:09

  4. 4

    マクドナルド、ワタミの取り組みにヒント?正念場を迎える対消費者ビジネス

    大関暁夫

    04月17日 12:37

  5. 5

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

  6. 6

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  7. 7

    「学校は無理に行くところじゃない」と現役教員が思う理由

    不登校新聞

    04月17日 14:49

  8. 8

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  9. 9

    なぜ今なのか-処理水放出と少年法改正

    階猛

    04月17日 09:13

  10. 10

    名ばかりのオリンピックになっても「開催出来れば、それで成功」

    早川忠孝

    04月17日 18:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。