記事

製薬大手各社が3年間で5000万ドル投資、貧困国の慢性疾患治療で

[ダボス 18日 ロイター] - ファイザー<PFE.N>やメルク<MRK.N>、ノバルティス<NOVN.S>、ロシュ<ROG.S>、サノフィ<SASY.PA>、グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>など22の製薬大手各社は18日、貧困国における非感染性の慢性疾患を治療するために、今後3年間で5000万ドルを投資すると発表した。世界銀行が支援するプロジェクトに投じる。

貧困国ではこれまで、感染病に対する治療が行われてきたが、今日では、西洋のライフスタイルが浸透したことにより、がんや糖尿病、心臓や肺の疾患などによる死亡が増加している。

世界保健機関(WHO)によれば、このような非感染性疾患(NCDs)は全世界の死亡原因の約70%を占め、うち4分の3は低中所得層の国々で起こっている。

ロシュのシュワン最高経営責任者(CEO)は、製薬各社はすでに新興国に向けて優遇価格を実施しているが、コストが唯一の障害と述べた。

アフリカやアジア、ラテンアメリカの各国は、最新の新薬開発の恩恵を享受するために、医療制度の改善も必要としている。

シュワン氏はロイターに対し「病院のインフラを整えるためにやることはたくさんある。最新の研究施設がなければ、現代のがん治療薬を投与することはできない」と指摘。「我々は協力体制を構築するつもりだ」と述べた。

がん治療は目下の重点項目であり、製薬大手各社は国際対がん連合(UICC)と共に世界の一部の都市で試験的に新たな診断法や治療法を実施している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  6. 6

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  9. 9

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

  10. 10

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。