記事

キネマ旬報の結果を見て

キネマ旬報で1位は『この世界の片隅に』で、2位が『シン・ゴジラ』だという。
『君の名は。』は圏外だったらしい。 

まさに、やっぱりなという評価である。
評論家は映画を「理屈」で見るのだ。
だが、少年少女や一般庶民は映画を「感覚」で見る。

評論家が好む映画には「言葉」や「理屈」がべったり張り付いている。
だが、庶民が夢中になる映画は「無意識」で何かを感じているのだが、それを言葉に昇華できない。 

本当に重要なことは、少年少女の「無意識」が何を受容しているのかという洞察だ。
大人は少年少女の「無意識」を分析できない。
それは、これからの世界を創造する未来人の「感覚」だから仕方がないのだ。 

『この世界の片隅に』は原作を読んでないから、映画とどんな違いがあるのかが分からない。
だが、玉音放送の後の主人公の絶叫シーンで、評論家は確実に「反戦平和」を確信して、安心して評価するのだ。
そういう左翼臭は気にいらない。 

それでも戦時中の生活感を再現してくれた丁寧さは面白かったので、総じて良質の映画だったなという感想はある。 

『シン・ゴジラ』は見てる最中から「理屈」と「言葉」が溢れ出してきて、童心ではさっぱり見れなかった。
わしはハリウッドの「ゴジラ」や「キングコング」の方が好きである。童心だけで見れるからだ。 

本物の知性は少年少女の「無意識」に何が生まれているのかを洞察できなければならない。
『君の名は。』には現代社会で最も重要なメッセージが内包されているのだが、理屈好きな大人でさえ、それを言語化できないほどに娯楽に徹していたから凄いのである。

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  3. 3

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  4. 4

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  5. 5

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  6. 6

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  7. 7

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  8. 8

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  9. 9

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  10. 10

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。