記事

震災を忘れない 震災から学ぶ

今から22年前。阪神大震災が起こり、7千名近くの方が亡くなられました。

私も地震の時の記憶は鮮明に覚えています。早朝に突然、何かが次々と体に落ちて来て、目が覚め、この世が終わるのだと覚悟しました。揺れが収まった後、周りを見てみると、布団の上に本が散乱し、頭のすぐ横に、スチール製の本棚が倒れていました。少し本棚の倒れる位置がずれていたら、大怪我をしていたかもしれません。

当時は市議になって1年半後でしたが、家を片付けた後は、近所を回り、大丈夫でしたかと声をかけて歩きました。近くの会館では避難者が避難しており、夕方に「弁当を持ってこい」と怒鳴られたのを思い出します。
その後は延々と避難所回り。避難者の要望を聞くと共に、仮設住宅や公営住宅の募集状況や様々な支援内容を通信にまとめ、避難者に伝えて行きました。市内に数十カ所避難所があったことから、震災から3週間後くらいにやっと訪れた避難所では、「今頃、何しに来たんや!」とまた怒鳴られます。

避難者支援情報を渡し、引っ越しや針灸マッサージのボランティアに入り、少しずつ避難者と関係を作っていきました。避難者の方々とは、今もやり取りが続いています。

震災を忘れてはいけません。東南海地震は、30年以内に70%確立で起こると言われています。十分な備えをすると共に、子どもたちにそのことを語り継ぐことが必要です。

困った時はお互い様。ご近所を含め普段から、地域の人たちとの関係作りも大切だと思います。地震の被害を受けた地域には、皆で復興のための協力ができれば、困った時に助けてもらえます。国と国の関係もしかり。

今日の避難訓練で改めて思ったことです。

あわせて読みたい

「阪神・淡路大震災」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  6. 6

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  9. 9

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  10. 10

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。