記事

トランプ大統領就任式の前に相次ぐ、要人発言に注意

Before Trump’s Inauguration, Watch Out For The Move By Those Presidents.


マーケットは、20日に予定するトランプ米大統領就任式を控え様子見モードに入っている場合ではありません。

16日週は、イベントが目白押しです。特に17日は、ダボス会議発出席の習近平主席が演説を行います。直接トランプ次期大統領を槍玉に上げることはないでしょうが、タイミングがタイミングなだけにマーケットが拡大解釈する可能性は否めません。

同じ日に、ニューヨーク連銀のダドリー総裁がNY寄り前に講演を行うだけに17日は荒れる予感が漂いますね。さらにブレイナード米連邦準備制度理事会(FRB)理事のほか、引け後にはサンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁(今年の米連邦公開市場委員会、FOMCで投票権なし)も登場する予定です。

18日には米株が終盤を迎えるNY時間午後3時、真打ちイエレンFRB議長がコモンウェルス・クラブ・オブ・サンフランシスコで経済について講演を開始します。その前には最もハト派寄りで知られるミネアポリス連銀のカシュカリ総裁も登壇し、ベージュブックも公表されるため忙しい1日となること間違いありません。

19日は、イエレンFRB議長が再び現地時間の引け後にスタンフォード大学で経済と金融政策について発言する機会があります。当日は寄り前のフィラデルフィア連銀のハーカー総裁(今年のFOMC投票権あり)をはじめ、午後にサンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁、引けのタイミングでボストン連銀のローゼングレン総裁がスピーチを行う予定。さらに欧州中央銀行(ECB)の定例理事会も開催され、市場関係者にとって長い1日となることでしょう。

20日の米大統領就任式の日に合わせ、再びフィラデルフィア連銀総裁とサンフランシスコ連銀総裁が講演する予定です。

ここまでイベントが集中するのも、珍しいほど。おまけに17日にはモルガン・スタンレー、18日にはシティグループなど決算発表も重なり、足元眠っていた市場のボラティリティが目を覚ましてもおかしくありません。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    「GoTo中止を」SNSで批判が殺到

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  4. 4

    GoTo まと外れの政府説明に呆れ

    青山まさゆき

  5. 5

    まるで恫喝 島根県警の不当捜査

    郷原信郎

  6. 6

    お笑い芸人がNHK辞めYouTuberに

    たかまつなな

  7. 7

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    合宿所でSEX 韓国アイドルの暴露

    文春オンライン

  9. 9

    国民人気得ても首相難しい石破氏

    PRESIDENT Online

  10. 10

    修学旅行中止でGoTo推奨する矛盾

    原田 謙介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。