記事

事件捜査の報道にはもっと慎重さが欲しい

講談社編集次長の朴容疑者について、TVなどマスコミ報道はどうみても過剰ではないか?

特に、本人が否認している段階なのに、連日の報道は容疑事実を前提にしてプライバシーをあれこれ詮索する内容ばかり。容疑者が当局に拘束されている間なら何を言っても構わないというものではなかろう。

捜査はあくまで「疑い」の段階に過ぎない。犯人の特定に結びつくかどうかも分からない本人周辺の情報を何のために垂れ流しているのだろう?また、仮に犯人だったとしても犯罪事実と直接関係ない本人の出生や家庭内の事情を世間にぶちまける行為は下劣である。

逮捕されるということは「公的な」疑いが掛けられている訳だから、これをあからさまに無視することは適切ではない。同時に、現段階では疑いに過ぎない容疑を、マスコミの力で断罪してしまうのは承服しがたい。

訳の分からない事件でも、犯人や理由を決め打ちし過ぎるのは危険である。真相は私にも分からないが、ASKAさんの薬物容疑が不起訴になった際に殆どのマスコミはバツの悪い思いをした筈である。あれからまだいくらも時間が経っていないのに、経験を踏まえた学習機能が働いていないように感じる。

あわせて読みたい

「マスコミ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。