記事

メディアがトランプの首を獲りに行って負けたんだろ。本当ならメディアは打ち首だ。 - 1月13日のツイート

(トランプ氏)メディアは今になって「トランプはメディアを敵対視している」ってどこまでメディアはご都合主義やねん。ケンカを最初に売ったのはメディア。メディアがトランプの首を獲りに行って負けたんだろ。本当ならメディアは打ち首だ。報道の自由が守られる現代社会ではそれはないけど。

(トランプ氏)選挙というのは、やるかやられるかの世界。メディアはトランプ氏の首を獲りに行って負けた。この点も十分に踏まえないと。メディアや自称インテリが散々批判しているポピュリズム。しかしその基盤となっている民主主義社会だからこそ、選挙で負けても命が存続する。民主主義に感謝せよ!

(トランプ氏)メディアや自称インテリがどれだけ偉そうな御託を並べても雇用の一人も生み出さない。他方トランプ氏は今のやり方を選挙で訴え続けて当選した。だから実行する。政治家として当たり前。そしてアメリカ国内での雇用を増やすと約束する企業が続々出現。これって民主政治そのもの。

メディアはトランプ氏のツイッター利用を批判するがメディアは自らも反省せよ。どれだけ会見で答えても編集されてメディアの都合よく報道される。自称インテリはいい加減なコメント。メディアが力を持ちすぎて政治部記者などが政治家ばりに偉そうにしている。それを変えるのが政治家自らの発信だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000116-mai-soci.view-000
毎日新聞のこの記事もどうなんだ。批判的な記事だから、僕のツイートもこれを取り上げたんだろう。でもメディアの事実誤認を正すもっと重要なツイートもたくさんあったはず。メディアがこれだから政治家は直接発信せざるを得なくなる。

(政治とメディア)政治とメディアがケンカする方が、なれ合いよりもよほどましだ。これからメディアは徹底してトランプ氏を監視し批判する。これが大切。だから報道の自由は死守しなければならない。今のアメリカのメディアの状況の方が、安倍政権絶対応援の読売新聞よりよほど健全だ。

(政治とメディア)headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112- 政治家は腹が立ってもケンカしてでもメディアからの質問は受けて答えるべき。だけどメディアも反省しないと。SNSが政治家の一方的発信で危険としているがメディアの発信も一方的だった。そこに有権者が疑問を持ち始めている。

(政治とメディア)政治家がSNSを使うことは民主政治にとってはより有権者のためになる。メディアの方が発信力は圧倒的に高いのだからメディアは政治家のSNSに徹底批判を加えればいい。最後は有権者が判断する。メディアの一方的発信よりよほど健全だ。

(政治とメディア)メディアが政治家のSNSに負けるなら、それはメディアの力不足。メディアは自分たちの主張こそが絶対的に正しいという驕りを捨てなければならない。政治家のSNSと言論闘争して、有権者の共感を得る力と努力が必要。今の自称インテリの主張じゃ有権者に響かない。

※この記事は橋下徹元大阪市長のツイートを時系列順に並べたものです。

「橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン【ご購読はこちらから→】http://hashimoto.president.co.jp/
「橋下徹と直接議論できるサロン『橋下徹の激辛政治経済ゼミ』【お申込はこちら】→橋下徹の激辛政治経済ゼミ

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池袋事故で20年前の職場晒す悪意

    tokyo editor

  2. 2

    幻冬舎問題 出版社は不要な存在

    かさこ

  3. 3

    磯野貴理子の離婚理由に同情の声

    女性自身

  4. 4

    言論の自由訴える丸山議員は無知

    赤木智弘

  5. 5

    戦争発言 元官僚の厄介な勘違い

    篠田 英朗

  6. 6

    母へ感謝を公にできぬ時代なのか

    文春オンライン

  7. 7

    「韓国を相手に」谷川議員に苦言

    大串博志

  8. 8

    保護者席に広末涼子 会場は騒然

    NEWSポストセブン

  9. 9

    土井善晴「現代人は食なめてる」

    文春オンライン

  10. 10

    丸山氏バッシングする野党に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。