記事

富士ゼロックス、サービスの売上比率を18年度は5割に=栗原社長 

[東京 12日 ロイター] - 富士ゼロックスの栗原博社長は、ロイターのインタビューで、売上高に占めるサービス事業の比率を現在の約4割から2018年度までに約5割に引き上げるとの意向を明らかにした。同社長は「ハードの売り上げを減らさずにサービス、ソリューション(の比率)を増やす」と述べた。

<紙の伸びは続くが単価は下落>

コピーやスキャナーといった機能を組み合わせた複合機などを製造・販売する事務機メーカーは市場の成熟化に直面。富士ゼロックスやキヤノン<7751.T>などの上位メーカーは、複合機などのハードと消耗品販売を通じて、国内ハイテク業界の中でも高い収益性を維持してきた。

ところが、スマートフォンやタブレット端末の普及で、オフィスでの紙の使用量がいずれ頭打ちとなり、減少の方向に減じるのとの見方が広がっている。

栗原氏は「ペーパーは減っていない」と一般的な見方を否定。「情報量が爆発的に増えている」などと理由を挙げた。同氏は「減っているのは、(コピー)1枚の紙の単価。紙の枚数が減ったとしても、影響を最小化するモデルに変えようとしている」と強調した。

現在は、売上高(15年度で約1兆1800億円)の約6割を占める事務機のハード・消耗品の販売と、顧客へのソリューション提供などのサービス事業の売上構成比を、「半分くらいに持っていくことを目指す」と述べた。目標は18年度としている。

<AIは実践の段階に>

IT各社が注力するAI活用にも自信をのぞかせる。画像処理や電子化文書を扱う技術、自然言語処理などAIと関連性の高い技術を蓄積してきたからだ。「技術をいかせる時代が来た。事例はだいぶ出ている」という。

具体的な取り組みとして、ある自動車メーカーへの提案で、AIがクルマの図面と各国の法律を照合して、短時間に問題点を指摘した事例を挙げた。

自動車メーカーにとって、輸出するクルマの図面と各国法律との適合をチェックする作業が負担になっているという。「それを当社に任せてほしいと提案。(プレゼン後)数時間で『これはすごい』」との反応があったという。

栗原氏はAIなどのノウハウの活用について、「事業には、もうひとつ工夫したり、ハードルを越えないといけない」と述べている。

(インタビュアー:浜田健太郎)

(浜田健太郎)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  3. 3

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  4. 4

    菅首相 SNSでメダリストを祝福も感染爆発には“取材拒否”「総理辞めて」の大合唱

    女性自身

    07月29日 14:00

  5. 5

    部下に怖いと思われるのは、「等身大の自分」を分かち合えていないから

    サイボウズ式

    07月29日 17:00

  6. 6

    太陽光発電を推進することは、国家安全保障上危険

    赤池 まさあき

    07月29日 10:12

  7. 7

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  8. 8

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  9. 9

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

  10. 10

    日本人の幸福度増加のピークは「年収1100万円」

    内藤忍

    07月29日 12:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。