記事

YCC、効果発揮し始めている 財政との関係は拡大=雨宮日銀理事

[東京 11日 ロイター] - 日銀で長年金融政策の立案に携わってきた雨宮正佳理事は、日銀が昨年9月に導入した長短金利操作(イールドカーブコントロール、YCC)政策について、国際金融市場で前向きな動きが出ているなか「大きな政策効果を発揮し始めている」と評価した。

YCCは財政負担を軽減する国債価格支持政策ではないとしながらも、長期金利操作によって財政との関係は拡大するとの認識も示した。

<長期金利操作に自信、未知数の面も>

雨宮理事は、主要国の中央銀行が導入している長期国債の買い入れやマイナス金利など「非伝統的」な金融政策について「短期金利のゼロ制約を乗り越えようとする試みにほかならない」と位置づけ、「中央銀行は長期金利に相当程度影響を及ぼし得るというのが、経験や実証分析から得られた知見」と長期金利操作に自信を示した。

一方、YCCは「明示的に長短金利全体をコントロールしようとしている点で、前例のない革新的な方法」なだけに、「(長期金利を)コントロールできる範囲や、ショックへの対応余地についてはまだ未知数の面もある」と指摘。望ましいイールドカーブについても「より長めの金利ほど、保険や年金といった金融の社会インフラの機能と強い関連を持っている」とし、「大変複雑で、総合的な判断が求められる」と語った。

そのうえでYCCは「かつて英米で実施されたような、財政コストを小さくするための国債価格支持政策ではない」と述べ、「目的はあくまでデフレ脱却であり、物価安定目標の達成だ」と強調。「長期金利を直接の操作対象とする以上、財政運営と関係の深い領域が拡大することは事実」とも述べ、より丁寧な情報発信の重要性を指摘した。

<バランスシート、戻す必要ないとの声も>

出口の局面では、巨額となっている買い入れ資産を圧縮し、短期金利の上げ下げを主軸とする伝統的政策に戻ることができるかも焦点の1つとなるが、雨宮理事は「拡大した中銀のバランスシートを無理に戻す必要がない」との欧米学者の主張を紹介。今後「中銀は伝統的な政策に戻るのか、新たな世界に移行するのかが大事な検討課題」と述べた。

1960年代に米国が実施した、中央銀行が中短期国債を売却し長期国債を買い入れるオペレーション・ツイストについて「効果がなかったとの従来評価に対する反論が出ている」とも指摘した。

*内容、写真、カテゴリーを追加します。

(竹本能文 伊藤純夫)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  3. 3

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  4. 4

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  5. 5

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  6. 6

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  7. 7

    河野太郎氏 自民党の身内にも…強気な“回答拒否グセ”に「誠意ない」と高まる不信感

    女性自身

    09月23日 20:28

  8. 8

    河野氏は論戦巧者 他の候補者3人がほぼ無防備な年金問題に手を付けたのは上手い

    ヒロ

    09月23日 10:39

  9. 9

    自民党総裁選⑽ 河野候補の発言で誤解を招かないように 党部会は日本型民主主義の根幹

    赤池 まさあき

    09月23日 11:26

  10. 10

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。