記事

2017年の世界情勢──大きな変化の予感、身が引き締まる思い

先日、友人である欧州人がこう語っていました。「今まで、新年を迎えて、希望に満ちた年になることを希望、または期待してきたが、今年に限って言えば、そういった希望や期待は全く持つことができない1年ではないか」というものです。

確かに今、世界を取り巻く環境は大きく変化する、しかも悪い方に変 化する。そのような予感を持つ人は多いと思います。

すでに新年になって、例えば、20日にアメリカ大統領になるトランプ氏がツイッターで、トヨタ自動車のメキシコ工場建設について批判をしました。トヨタだけではなくて、米国のメーカーに対しても同じような批判をしているのですが、世界のリーダ国家である米国の大統領になろうとしている人が、個別企業を取り上げて批判をする。しかも、本来企業がどこに投資をして、工場を造るかということは、全くの企業判断であるにもかかわらず、それに介入する。こんなことは前代未聞です。

トランプ大統領のもとで、経済、そして何よりも安全保障がどうなるのか。私も含め、多くの人が不安を持って見守っています。

ヨーロッパも、フランス大統領選挙の結果如何によっては、EUの解体が本格的に進んでしまうかもしれません。日本を取り巻く環境を見ても、中国の軍事力を誇示するかのような活動や、あるいは慰安婦に関する合意をめぐっての韓国の対応など、これからの1年が混乱の1年になってしまうのではないかということが懸念されます。

もちろん、悲観的になっても仕方がありません。大きな変化は、チャンスもでもあります。平和に、そして豊かに暮らすことができる日本を目指して、政治がしっかりと対応していかなければならないと改めて感じています。大きな変化の予感を前に、まさしく身が引き締まる思いです。

あわせて読みたい

「国際政治」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  6. 6

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  9. 9

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  10. 10

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。